女性

AGA治療が妊活に及ぼす影響!妊活中の薄毛治療の注意点とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 妊活中の薄毛治療はお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があります。悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」の抑制を阻害する効果があるプロペシアは、性欲減退や勃起機能不全などの副作用が現れる場合があります。また妊娠中の女性はプロペシアに触れることも危険です。そこで今回は、AGA治療が及ぼす妊活中の影響と、妊活中の薄毛対策を紹介したいと思います。妊活中の薄毛治療ではどのような点に注意すればよいのでしょうか?

胎児危険度分類

 アメリカ合衆国FDA(米国食品医薬品局)は、薬剤が胎児に及ぼす影響をA,B,C,D,Xの5段階で分類していました。AGA治療薬が胎児に及ぼす影響はどれくらいなのでしょうか?
※現在この分類は廃止され薬品ごと文書で記述する形式になりました※

パントガールは危険度中!妊娠中の服用は控えるようにする!

 女性版AGAに「FAGA(びまん性脱毛症)」が挙げられます。びまん性脱毛症は、髪の毛を育てる役割がある女性ホルモン「エストロゲン」の減少が原因となります。びまん性脱毛症は髪の毛が細くなり、髪の毛全体的なボリュームがなくなる薄毛症状です。主成分が「ケラチン」や「アミノ酸」のパントガールは、妊活中に副作しても重大な胎児危険には陥らないという見解が一般的なようです。しかし、AGA頭髪専門クリニックでは安全のため、妊活中・妊娠中の女性にはパントガールを使用した治療は行わない場合が多いです。

ミノキシジルは危険度中!なるべく使用しないように

 ミノキシジルは男女ともに薄毛治療に使用されるお薬です。ミノキシジルは血行促進効果があり、毛根へ安定的に栄養素を届けることができます。ミノキシジルは胎児危険度では中間のCという評価でした。パントガール同様に重大な胎児への健康被害を招く可能性は比較的少ないといえるでしょう。しかし、胎児奇形が起きる可能性はゼロではありませんので、妊活中・妊娠中の女性はミノキシジルの使用を控えたほうが安全でしょう。

プロペシアは危険度大!女性は触れるのもだめ!

 AGA治療薬でよく使用される薬の1つに「プロペシア」が挙げられます。プロペシアは薄毛の原因となる悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」を抑制する効果があります。しかし、副作用も現れることもあります。以下にプロペシアの副作用を示します。

  • 性欲減退
  • 勃起機能不全(ED)
  • 胎児の生殖器への影響(女性が服用の場合)

 プロペシアを服用することで男性の場合は「性欲減退」や「勃起機能不全」など、妊活に悪影響を及ぼす副作用が現れる可能性があります。女性の場合はプロペシアを体内に入れることで、胎児の生殖器の異常が起こる場合があります。特に男の子の生殖器に悪影響を及ぼす可能性が高いようです。プロペシアは皮膚からも体内に吸収される性質を持っています。女性はプロペシアに触れることも大変危険ですので注意しましょう。また、プロペシアは精液にも成分が含まれます。プロペシアの服用を1カ月ほど禁止して、体からプロペシアの成分を排出してから妊活を開始するようにしましょう。心配な方は産婦人科に相談することをおすすめします。

妊娠中の薄毛の原因とは?

 妊娠中に薄毛が進行する方もいます。男性は悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」がAGAの原因でしたね。女性の場合は2つの女性ホルモンが発毛に関わってきます。

エストロゲンとプロゲステロンの増加と減少

 妊娠中は女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が増加する傾向にあります。最初にエストロゲンが増加し、後を追うようにプロゲステロンが増加します。エストロゲンが減少すると、プロゲステロンも減少し始めます。健康的な発毛には、この2種類の女性ホルモンのバランスが重要だということです。一般的に、女性ホルモンが増加すると発毛サイクルの成長期が伸びるといわれています。しかし、妊娠中に過度のストレスを受けると、ホルモンバランスが乱れて、薄毛症状が現れる可能性があるので、ストレスはなるべく溜めこまないようにしましょう。
また、産後は女性ホルモンが減少するので、髪の毛が急に薄くなる場合があります。この薄毛の症状を「分娩後脱毛症」と呼びます。体質にもよりますが、健康的な生活を送っていれば、半年から1年で、分娩後脱毛症は自然と改善されます。

妊活中・妊娠中にできる薄毛対策

 男女ともに妊娠中・妊娠中は薄毛治療を一時中断するのが一般的ですが、薄毛の進行も気になる方も多いと思います。そこで、妊活中・妊娠中にできる薄毛対策を紹介したいと思います!

妊活中・妊娠中におすすめの薄毛対策5選!

 妊活中の男性は、性欲減退や勃起機能不全などの原因となるプロペシアの服用は避けたほうが安全でしょう。AGA治療薬を使用しなくても、薄毛の進行を遅らせるなどの対策はあります。妊活中の男性におすすめできる薄毛対策を以下に示します。

  • 有酸素運動
  • バランスよい食生活
  • 禁煙
  • 天然由来成分の育毛剤の使用
  • ウィッグの使用

有酸素運動

 男女ともに血行不良がAGAやFAGAの原因の1つになっています。1日30分程度のウォーキングを継続することで、血行不良を改善することができ、頭皮環境を整えることができます。妊娠中の女性は、安定期16週目からウォーキングをするようにしましょう。ウォーキングは、毎日継続することが重要です。

バランスのよい食生活

 健康な体と髪の毛を保つためには、バランスのよい食生活がとても重要です。髪の毛に必要な成分「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」を摂取することが大事です。タンパク質の摂取には鶏肉がおススメです。鶏肉にはビタミンやミネラルも含まれていますので、お肉が好きな方は鶏肉がおすすめです。お味噌汁にワカメなどの海藻類を入れれば、ミネラルも摂取することもできます。妊活中・妊娠中は健康的な和食中心の食生活がよいでしょう。

禁煙

 男性女性ともに、妊活中は禁煙を心がけましょう。妊娠中の女性が喫煙をすることによって、子宮内の血管が収縮しておなかの赤ちゃんに十分な栄養が届かず、流産や死産のリスクが高まります。禁煙をすることで血行不良を改善することができるので、薄毛の進行も遅らせることができます。

天然由来の育毛剤の使用

 妊活中・妊娠中にどうしても、薄毛を改善したいという方は、AGA頭髪専門クリニックの医師などに相談して、おなかの赤ちゃんに影響が少ない天然由来の育毛剤の使用を検討してもよいでしょう。ここで注意が必要なことは、ネット販売されている育毛剤に安易に手を出さないということです。妊活中・妊娠中に育毛剤を使用する際は、医師に相談するようにしましょう。

ウィッグの使用

 薄毛の症状が重い場合はウィッグの使用を検討してもよいでしょう。ウィッグの使用に抵抗があるという方は、髪型をショートカットにしてみたり、帽子を使用したりすることをおすすめします。

男女ともに妊活中・妊娠中は健康的な生活を心がけましょう!

 男性はプロペシアの使用を控えて、体からプロペシアの成分を排出することが重要です。プロペシアは皮膚からも吸収されるので、女性は触れることも危険ですので要注意です。妊活中・妊娠中は基本的にお薬を使用した薄毛治療を行うことは難しいとされていますが、規則正しい生活習慣を身につけることで、薄毛の進行を遅らせることはできます。妊活中・妊娠中は生活習慣を見直すよい機会になりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。