女性

男性よりも深刻!?女性の円形脱毛症の原因と対策5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 円形脱毛症は男性だけではなく女性にも起こりえる薄毛症状です。円形脱毛症の原因は未だ明確に解明されておらず、老若男女問わず誰でも発症する可能性があります。突発的に発症する円形脱毛症で苦慮している女性も大勢います。女性の円形脱毛症はどのように対処すればよいのでしょうか。そこで今回は、女性の円形脱毛症対策を紹介します。男性と女性とでは円形脱毛症の原因や症状に違いがあるのでしょうか。

円形脱毛症の原因と症状

 円形脱毛症は年齢・性別関係なく発症するリスクがあります。突発的に発症する円形脱毛症はなにが原因となっているのでしょうか。

ストレスが原因で自己免疫疾患に!

 円形脱毛症の原因はストレスと考えている方が多いようですが、ストレスが原因で円形脱毛症を発症するとは限りません。ストレスをため込んでいる方は、自己免疫疾患に陥っている可能性があります。自己免疫疾患とはどのような病気なのでしょうか。

自分を攻撃してしまう!?自己免疫疾患の症状

 円形脱毛症のメカニズムとして考えられているのが自己免疫疾患です。自己免疫疾患とは、自分の細胞を攻撃してしまう病気です。自己免疫疾患が発症すると、本来ウィルスから体を守ってくれるはずのTリンパ球が、毛根を体の異物と判断して攻撃をしてしまいます。結果、突発的に脱毛する症状があらわれます。この自己免疫疾患に陥るきっかけの1つがストレスだといわれています。ストレスが溜まっているからといって、すぐに円形脱毛症を発症するとは限らないということです。自己免疫疾患は円形脱毛症の原因と1つとして考えられていますが、他にも円形脱毛症を発症するリスクはあります。以下に円形脱毛症の原因と考えられる症状を示します。円形脱毛症との関連を指摘されているものとして以下のものがあります。

・アトピー性素因
・遺伝的要因

アトピー性皮膚炎・遺伝的要因などが、円形脱毛症の発症要因と考えられています。特に女性は遺伝的要因とホルモンバランスが深く関わってくると考えられています。円形脱毛症と遺伝にはどのような関係があるのでしょうか。

円形脱毛症と遺伝の関係!

 円形脱毛症は遺伝的要因で発症している可能性があります。円形脱毛症と遺伝子にはどのような関係が成り立っているのでしょうか。円形脱毛症にはHLA(ヒト白血球型抗原)という遺伝子が関わっているようです。

HLA(ヒト白血球型抗原)とは?

 1954年に白血球にも血液型が存在することが判明しました。この白血球の中にある血液型のことを「HLA」と呼びます。HLAは両親から1つずつ型を受け継いで形成されます。このHLAの型は多く、数万通りあるといわれています。そして円形脱毛症に関わっていると考えられているHLAの型が「HLA-DQB10301」です。HLAの型は調べることができるのでしょうか。

HLAの型を調べる方法

 公益財団法人「HLA研究所」では血液に関する検査を幅広く行っており、HLAの型も調べることが可能です。しかし、遺伝子検査を依頼してHLAの型と円形脱毛症の因果関係が把握できるわけではありませんので注意しましょう。将来的にHLAの型と円形脱毛症の関係が判明するかもしれません。

女性の円形脱毛症の原因

 年齢・性別・人種に関係なく円形脱毛症は発症します。特に女性の円形脱毛症にはどのような特徴があるのでしょうか。

女性のほうが円形脱毛症になりやすい!?

 女性のうち3人に1人は円形脱毛症を発症したことがあるという統計データが報告されています。男性よりも女性のほうが円形脱毛症を発症しやすい傾向にあるようです。男性よりも女性のほうが円形脱毛症を発症しやすい理由は何でしょうか。

ホルモンバランスの乱れで円形脱毛症に!

 女性は生理や出産で、ホルモンバランスが急激に崩れる場合があります。特に出産後に円形脱毛症を発症したという女性も多いようです。女性の方はホルモンバランスの乱れで円形脱毛症を発症する場合が多いようです。生理や出産は男性にはない、女性特有の円形脱毛症の発症要因です。円形脱毛症にはどのような症状があるのでしょうか。

十円ハゲだけじゃない!?円形脱毛症の症状

 突発的に発症する円形脱毛症ですが、どのような症状があらわれるのでしょうか。具体的な円形脱毛症の症状を紹介します。

円形脱毛症の症状

 十円ハゲを放置していると深刻な薄毛症状に発展する場合があります。以下に円形脱毛症の症状を示します。

・単発型
・多発型
・蛇行型
・全頭型
・汎発型

単発型

 いわゆる十円ハゲの状態です。単発型は最も発症しやすい円形脱毛症の症状です。自覚症状がなく、他人から指摘されるまで気づかない場合が多いです。自然治癒で症状が回復する場合が多いです。

多発型

 十円ハゲが2カ所以上発生する症状です。多発型も単発型と同様に、他人から指摘されないと気づかないケースがあります。自然治癒で薄毛を改善するには時間がかかります。眉毛、まつ毛など顔の脱毛も含まれます。

蛇行型

 後頭部や側頭部から帯状に脱毛する症状です。脱毛した部分が、蛇が蛇行したように見えるので蛇行型と呼ばれています。蛇行型まで症状が悪化すると自然治癒での改善は見込めないでしょう。

全頭型

 頭部の毛髪が全て脱毛した状態です。全頭型の治療には時間がかかる場合が多いです。

汎発型

 脇毛など腕や足、陰毛など、頭部以外の毛も脱毛している症状です。全頭型と同じく、自然治癒での改善はなかなか見込めず、治療に時間がかかるケースが多いです。

 十円ハゲは自然治癒すると甘く考えていると、蛇行型や全頭型まで発展する危険性あるので要注意です。女性はどのような対策をおこなえば円形脱毛症を未然に防ぐことができるのでしょうか。

女性の円形脱毛症対策5選

 女性は男性よりも円形脱毛症に陥りやすい傾向にあります。そこで、女性のための円形脱毛症対策を紹介します。

その1!医療用ウィッグを使用する

 円形脱毛症が発症した場合は、医療用ウィッグの使用を検討してもよいでしょう。特に頭皮にやさしい「人毛」を使用した医療用ウィッグがよいでしょう。円形脱毛症の治療には時間がかかるので、その間は医療用ウィッグで脱毛部分を隠すことをおすすめします。

その2!ストレスから逃げる

 学校や職場で過度なストレスをため込んでいる方は、休学や休職を検討してもよいでしょう。ストレスのない環境で心身ともにリラックスできる環境を作りましょう。1人暮らしの方は帰省して実家でのんびりと羽を伸ばしてもよいでしょう。ストレスのある環境から積極的に逃げることをおすすめします。

その3!散歩をする

 適度な運動は、ストレス軽減効果があります。デスクワークが多く、運動不足の方は、30分以上継続した有酸素運動を取り入れると効果的でしょう。好きな音楽を聴きながら散歩をしてもよいでしょう。

その4!大豆製品を摂取する

 女性の円形脱毛症はホルモンバランスの乱れで発症する場合があります。ホルモンバランスを整えるには「イソフラボン」を豊富に含んでいる大豆製品の摂取がおすすめです。イソフラボンには女性ホルモン「エストロゲン」を補助する効果があります。納豆や豆腐など、和食中心の食事を心がけるようにしましょう。

その5!髪型をアレンジする

 女性の方は髪型を変えることで、脱毛部分を隠すことができます。自分でヘアアレンジが難しい場合は美容院で髪型を整えてもらうのも1つの手段です。円形脱毛症の治療は時間がかかることが多いので、髪型を変えて、気分を前向きにできれば理想的です。

女性の円形脱毛症は実績のある頭髪専門クリニックへ相談!

 女性の場合は男性とは異なり、円形脱毛症に陥る要因が多いです。十円ハゲを自己治癒で改善しようとする方が多いですが、とても危険な考え方です。単発型や多発型に気づいたら、早めに頭髪専門クリニックに相談することおすすめします。円形脱毛症の治療は自分の生活スタイルを考えなおす良い機会になります。1人で悩みを抱え込まないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。