最新ニュー

頭皮環境改善対策ベスト5!理想的な頭皮環境とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

AGAの原因の1つに「頭皮環境の悪化」が挙げられます。AGAを改善させるためには、発毛しやすい頭皮環境を整える必要があります。頭皮環境を改善する際に注意しなければいけないことは「間違ったヘアケア」です。自己判断で頭皮環境を改善しようとしても、思うような結果を得られない方も多いのではないでしょうか?頭皮環境を改善するという考えは正しいですが、頭皮環境を改善する手法や理想的な頭皮環境の認識が間違っている場合があります。そこで今回は、AGAを改善するための頭皮環境改善対策を5つほど紹介したいと思います。理想的な頭皮環境とは?

AGAの赤信号!危険な地肌の色とは!?

頭皮環境改善対策を紹介する前に、頭皮の色について紹介したいと思います。頭皮の色である程度AGAになる可能性を見抜くことができます。どのような頭皮の色が危険なのでしょうか?

AGAに注意しなければいけない頭皮の色

頭皮の色である程度AGAのリスク判断が可能です。以下にAGAの判断材料になる頭皮の色を紹介したいと思います。

・青色
・白色
・黄色
・赤色

頭皮の色は主に以上の4種が挙げられます。それぞれ頭皮の色とAGAのリスクについて説明したいと思います。

青色
頭皮の色が青色の場合は毛根が残っている場合が多く、AGAになるリスクは低いといってよいでしょう。

白色
白色の場合は、頭皮が乾燥していることがあります。頭皮環境に重要な皮脂が正常に分泌できていない可能性がありますので、青色よりもAGAになる可能性は高いといえます。

黄色
黄色は白色よりも薄毛のリスクが高まります。頭皮が黄色の場合は皮脂が酸化していることがあります。皮脂が酸化することで健康な発毛を阻害する危険性が出てきます。

赤色
赤色が一番薄毛のトラブルになりやすい頭皮の色です。赤色は頭皮が炎症を起こしている可能性があります。AGAのような進行性以外の薄毛症状を発症する可能性もありますので、すぐにAGA頭髪専門クリニックに相談することをおすすめします。

理想的な頭皮環境とは

AGA対策のために、いろいろ工夫して頭皮環境を改善しようとすることはよいことですが、頭皮環境を改善するためには髪の毛が生えやすい「理想的な頭皮環境」を理解する必要がありそうですね。薄毛を改善するためにはどのような頭皮環境がベストなのでしょうか?

適度な皮脂

発毛をサポートするための理想的な頭皮環境に必要なのが「皮脂」です。皮脂は汗と混ざることで「皮脂膜」を形成します。皮脂膜には保湿効果があり、頭皮を乾燥から守ってくれます。また、皮脂膜が形成されることで、雑菌による頭皮へのダメージも抑えてくれます。「脂漏性脱毛症」という過剰な皮脂の分泌が原因で起きる薄毛の症状があります。悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」が原因のAGAなのか、皮脂の過剰分泌が原因の脂漏性脱毛症か自己判断するのは難しいので、気になる方はAGA頭髪専門クリニックに相談することをおすすめします。

頭皮の柔らかさ

理想的な頭皮環境に重要なのが「頭皮の柔らかさ」です。血行が良好な場合、頭皮が柔らかくなり、血行不良になると頭皮が固くなる傾向にあります。加齢によって頭皮が固くなるのは老化現象の1つと言えるので問題ないのですが、若い年齢の方が頭皮が固いと、薄毛になるリスクは上がるとされています。血行促進をして、柔らかい頭皮を維持することが重要ですね。適度な皮脂と頭皮の柔らかさ(血行良好)がAGAを防ぐ理想的な頭皮環境といえるでしょう。それでは、適度な皮脂と柔らかい頭皮を手に入れるにはどうすればよいのでしょうか?

頭皮環境改善対策ベスト5!

AGAを治療するには頭皮環境を改善する必要があります。しかし、誤った知識で頭皮環境を改善しようとすると、逆にAGAが進行する可能性があります。そこで、頭皮環境を整える手法を効果別に5つ紹介いたします。

5位「頭皮マッサージ」

比較的簡単にできる薄毛予防が「頭皮マッサージ」です。爪を立てるのではなく、指の腹を使って、こめかみと髪の毛の生え際を抑えて、頭皮全体を動かしてみてください。頭皮全体に血液が循環するイメージで行うとよいでしょう。過度な頭皮マッサージは頭皮環境を悪化させる原因となるので、5分を目安に1日2回から3回程度にしておきましょう。頭皮環境を改善する方法としては劇的な変化は期待できないでしょう。

4位「アミノ酸系シャンプーを使用する」

一般的なシャンプーは「アルコール系シャンプー」の場合が多いです。アルコール系シャンプーは洗浄力が強く、頭皮に必要な最低限の皮脂も汚れと一緒に洗い流してしまいます。シャンプーを購入する際は頭皮に与える刺激が比較的少ない「アミノ酸系シャンプー」を利用することをおすすめします。アミノ酸系シャンプーは界面活性剤の割合がアルコール系シャンプーに比べて少ないです。育毛シャンプーとして販売されている商品はアミノ酸系シャンプーの場合が多いです。育毛シャンプー自体にAGAを改善する発毛効果はありませんので、注意が必要ですね。

3位「生活習慣の見直し」

頭皮環境を改善するには生活習慣を改善する必要があります。特に「食事」と「睡眠」がとても重要になってきます。ファストフード中心の食生活から、塩分や油分が控えめの和食に切り替えるだけで、頭皮環境も向上します。睡眠不足の方は自律神経が乱れていることが多く、血行不良などの症状が現れる場合があります。生活習慣が不規則な方は、22時~2時の間「ゴールデンタイム」に睡眠をとるようにして、自律神経を正常にすることをおすすめします。1日30分程度のウォーキングも血行促進効果が期待できます。

2位「外用薬の塗布」

規則正しい生活を送っていても、頭皮環境が悪化するケースもあります。そのような場合は外用薬の塗布をおすすめします。AGAの治療で使用されている外用薬に「ミノキシジル」が挙げられます。ミノキシジルは「頭皮の血行促進効果」があり、頭皮環境の改善に期待ができます。AGA頭髪専門クリニックなどで外用薬のミノキシジルを購入することができます。また、ミノキシジルを含んだ外用薬は「第1類医薬品」としてドラックストアなどで購入することも可能です。第1類医薬品は薬剤師の説明が必要となりますので、使用上の注意をきちんと守るようにしましょう。

1位「単剤処方・多剤処方」

外用薬を使用しても薄毛が進行する場合は、「単剤処方・多剤処方」で治療を行う必要があります。単剤処方と多剤処方では頭皮環境を改善する効果に差が生じます。単剤処方と多剤処方の違いを紹介します。

単剤処方(一般的な皮膚科)
「プロペシア」や「フィナステリド」、「デュタステリド」などを処方して、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を抑制する。ジヒドロテストステロンの抑制を主とした治療。

多剤処方(AGA頭髪専門クリニック)
患者さんの薄毛の症状や頭皮環境を医師が判断して、「プロペシア」や「ミノキシジル」、さらに「ミネラル」を配合した治療薬を処方して、薄毛の「予防」と「発毛」を同時に行う。

AGA頭髪専門クリニックでは最初にカウンセリングを行い、その後医師が患者さんの頭皮環境を確認して治療方針を決めていきます。普通の皮膚科では、いきなりジヒドロテストステロンの抑制を目的とした「単剤処方」でAGA治療を進めるケースが多いです。一方AGA頭髪専門クリニックでは、患者さんの体質に適したお薬を処方する「多剤処方」で治療を行うのが一般的となっています。
多剤処方で頭皮環境を改善する効果があるお薬が「ミノキシジル」です。ミノキシジルは外服薬以外に内服薬もあります。AGA頭髪専門クリニックでは患者さんの体質に適したタイプのミノキシジルを使用します。市販の育毛シャンプーでは頭皮環境を改善することはできませんが、ミノキシジルを使用することで、頭皮環境を整えることが可能です。また、AGA頭髪専門クリニックではマイクロスコープなどの機器を使用して患者さんの頭皮状況を確認しながら治療を行うので安心ですね。

生活習慣の見直しと医師への相談が重要!

頭皮環境を整えるためには不規則な生活習慣を改善する必要がありましたね。また、頭皮環境に対する誤った知識も薄毛につながる危険な要因の1つです。頭皮環境は目視で確認するのが難しいです。頭皮環境を確認するためには、マイクロスコープなどの機器があるAGA頭髪専門クリニックに相談することをおすすめします。

大阪AGA加藤クリニックの院長です。発毛に関する情報を発信しています。

SNSでもご購読できます。