最新ニュー

AGA対策になる質の良い睡眠とは!?就寝前にやるべき6つのこと!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 AGA対策に効果がある睡眠。皆さんは良質な睡眠をとれているでしょうか。AGA(男性型脱毛症)は不規則な生活習慣の積み重ねが原因の1つと考えられています。生活習慣で特に注目したいのが「良質な睡眠」です。AGA治療ではプロペシアやミノキシジルなどを処方し、AGAの原因となる悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を抑制し、頭皮環境を改善していきます。しかし、プロペシアなどのAGA治療薬を服用しても、乱れた生活習慣が改善されなければ思うような効果を発揮してくれません。そこで今回はAGAと睡眠の関係性と、良質な睡眠のとり方を紹介します。

AGAと睡眠の因果関係

 AGAは遺伝的要素や生活環境など、様々な要因が関わってくる場合があります。特に睡眠はAGAに大きく影響しています。睡眠とAGAの因果関係を説明いたします。

睡眠の役割

 健康的な生活を送るうえで睡眠はとても重要な役割を担っています。以下に睡眠の主な役割を示します。

  • 記憶の整理
  • 免疫力の向上
  • 身体の発達促進

記憶の整理

 人間は睡眠をとることで、記憶の整理をしているといわれています。学校や職場で嫌なことがあっても、睡眠中に脳が嫌な記憶を片付けてくれるので、朝起きた時は気分がすっきりして、また新しい1日を送ることができます。また、睡眠をとることで、必要な記憶の定着の役割も果たしてくれます。

免疫力の向上

 睡眠中「メラトニン」というホルモンがTリンパ球を生成します。風やインフルエンザなどのウイルスはTリンパ球が退治してくれます。睡眠をとることで、体の免疫力の向上につながります。

身体の発達促進

 子供は睡眠中に「成長ホルモン」が分泌され、健康的な筋骨の生成を促進する効果があります。成長ホルモンは代謝のサポートを行っています。

以上で示した項目以外にも睡眠には健康的な体を維持するにあたり、メリットが沢山あります。以上で示した項目の中でAGAと一番関わりが深いのが「成長ホルモン」です。体の成長が終わり大人になった後、成長ホルモンにはどのような役割があるのでしょうか。

成長ホルモンの役割とAGAの関係

 成長ホルモンは成人した後も「代謝機能」をサポートする重要な役割を担っています。正常な代謝はAGAの予防にもつながります。成長ホルモンは「脳下垂体」という部位から分泌されます。脳下垂体から分泌された成長ホルモンは肝臓や腎臓などの主要な臓器の代謝をサポートする働きがあります。成長ホルモンは成人した後も、健康的な体づくりに必要です。AGAも「代謝機能の不良」が原因で進行する場合があるので、成長ホルモンは薄毛対策にも深く関わってきます。成長ホルモンを正常に分泌する環境づくりがAGA対策に繋がりそうですね。それでは、成長ホルモンの分泌を促すための「良質な睡眠」をとるためにはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。

AGA対策になる良質な睡眠をとる方法!

 AGAの予防には成長ホルモンが必要で、成長ホルモンの正常な分泌には「良質な睡眠」が必要になります。そこで、AGA対策になる質の良い睡眠をとる方法を紹介します。睡眠前に行うことと、起床時に行うこと、2つに分けて紹介します。

就寝前に行うこと

 成長ホルモンの分泌を促す、良質な睡眠をとるためには就寝前の生活習慣がとても重要になります。AGA対策になる質の良い睡眠をとるためには就寝前に行うべきことが沢山あります。以下に就寝前に行うことを示します。

  • 就寝3時間前には食事を取らない
  • 就寝1~2時間前にお風呂に入る
  • 就寝2時間前にスマホやパソコンの使用は済ませる
  • なるべく部屋は暗くする
  • 体を温める飲み物を摂取する
  • 就寝時間は22時~2時の間に軸を置く

就寝3時間前には食事を取らない

 就寝前に食事をとる方がいますが、就寝前の食事はおすすめできません。睡眠は「内臓を休める時間」でもあります。就寝中に消化活動を行うと脳や内臓が休む時間が削られることになります。食事は就寝3時間前に済ませることをおすすめします。AGA予防にも期待できます。

就寝1~2時間前にお風呂に入る

 就寝1~2時間前にお風呂に入るようにしましょう。お風呂は体の汚れを落とすだけではなく、リラックス効果を得ることができます。また、体を温めることで睡眠の質の向上も期待できます。好きな音楽などを聴いてお風呂に入るとより効果的でしょう。

就寝2時間前にスマホやパソコンの使用は済ませる

 スマホやパソコンの画面から発せられているブルーライトは覚醒効果があるので、寝つきが悪くなる原因の1つになります。就寝前はスマホの使用を控えるようにしましょう。

なるべく部屋は暗くする

 就寝する際はなるべく部屋の明かりを落としたほうがよいでしょう。もともと人間は夜、暗くなったら眠りにつき、明るくなったら活動していました。部屋の光が強いと生活リズムにずれが生じる可能性があります。就寝前は部屋の電気を落として、眠る準備に入りましょう。AGAが進行している方は夜遅くまで起きている場合が多いようです。

体を温める飲み物を摂取する

 寝つきが悪いからといって、就寝前にお酒を飲む方がいますが、おすすめできません。お酒で眠りにつくと眠りが浅く、また、利尿作用で夜中頻繁にトイレに行くことになります。トイレで夜中に何回も起きると、脳と体を休めることができません。AGA対策に寝酒はNGです。お酒ではなく「体を温める飲み物」を摂取するようにしましょう。生姜湯は体を温める作用があるので、就寝前の飲み物としておすすめです。

就寝時間は22時~2時の間に軸を置く

 22時から2時の間は「睡眠のゴールデンタイム」と呼ばれており、成長ホルモンが多く分泌される時間帯です。この時間帯は「美容のゴールデンタイム」とも呼ばれ、お肌の美容にも効果があるとされています。睡眠をとる際はこの時間に軸を置くようにしましょう。

就寝前も重要ですが「起床後の生活習慣」もAGA対策となる質の良い睡眠をとるために注意しなければいけないことがあります。

起床後に行うこと

 AGA対策となる質の良い睡眠をとるためには、起床後の生活習慣も重要になります。起床後はどのような点に注意すればよいのでしょうか。以下に起床後に行うとよいことを示します。

  • 日光を浴びる
  • 適度な運動をする
  • 決まった時間に朝食を取る

日光を浴びる

 質の睡眠を取るためには日光を浴びることが重要です。AGA対策では規則正しい生活習慣がカギを握っています。日光を浴びることで脳からセロトニンというホルモンが分泌されます。このセロトニンが夜になると、睡眠を誘導するメラトニンになります。昼夜逆転して、太陽のひかりを浴びないまま、夜に活動する方はAGAが進行しているかもしれません。

適度な運動をする

 起床した後は、散歩など適度な運動をするとよいでしょう。朝の運動も質の良い睡眠をとるうえでとても重要です。15分から20分程度の散歩でも十分効果があるとされています。また、散歩する時間がない方は筋肉をほぐす「ストレッチ」も有効です。

決まった時間に朝食を取る

 朝ご飯は睡眠やAGAに関わらず重要です。おすすめなのがセロトニンの材料となる「トリプトファン」を多く含んでいる食材です。大豆製品、乳製品、肉などのタンパク質を含んでいる食材から摂取することができます。毎日決まった時間にタンパク質を多く含んだ食材を摂取するようにしましょう。大豆製品はAGA対策に期待できますね。

AGA予防は就寝前と起床後の行動が重要!

 AGA予防には成長ホルモンが正常に分泌される、質の良い睡眠が重要ですね。質の良い睡眠を取るためには、就寝前と起床後の生活習慣を見直す必要がありそうですね。AGA治療を継続するためには、質の良い睡眠を十分にとることが大事ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。