薄毛の治療

(専門医監修)薄毛治療薬の正しい使用法とは?管理方法解説

加藤ドクター
加藤ドクター

薄毛治療薬を間違った方法で服用している方が多いようです。

薄毛治療を成功させるためには正しい方法でお薬を服用する必要があります。

間違った方法で薄毛治療薬を服用することで、重大な健康被害を招く可能性が高まります。

薄毛治療を安全に行うためには、お薬の服用管理がとても重要になります。

そこで今回は、安全に薄毛治療を行うための正しい薄毛治療薬の服用方法について紹介します。

この記事は大阪AGA加藤クリニック加藤健太郎医師の監修で制作されています。

関西随一のAGA治療専門医院 大阪AGA加藤クリニックに無料で問合せできる公式LINEアカウントに気軽に友達登録してください。

通院予約もLINEで

薄毛治療薬の種類と副作用

いつでも気軽に相談できる大阪AGA加藤クリニックのオンライン薄毛診療案内はこちらです。

オンライン診療

 薄毛治療薬を安全に服用するためには薄毛治療薬の副作用を把握する必要がありそうですね。薄毛治療薬の種類と副作用を紹介します。

薄毛治療薬の副作用

 薄毛治療薬にも一般的なお薬と同様に副作用があります。薄毛治療薬に使用されているお薬にはどのような副作用があるのでしょうか。

プロペシアの主作用 プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の原因となる悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の血中濃度を下げる効果があります。

プロペシアの副作用 確認されているプロペシアの副作用と頻度を以下に示します。

・〈頻度不明〉 そう痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む) 睾丸痛、血精液症、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等) AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇 乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい ・〈1~5%未満〉 リビドー減退 ・〈1%未満〉 勃起機能不全注、射精障害注、精液量減少

プロペシアで特に注意が必要な副作用が胎児への生殖器官への影響です。プロペシアは男性が服用することを目的としています。女性にプロペシアは処方されません。妊娠中の女性がプロペシアを摂取することで胎児の生殖器官が異常をきたします。プロペシアは皮膚からも吸収されるので、妊娠中の女性はプロペシアに触れるのも危険なので注意してください。プロペシアによる副作用の頻度は症状により異なるので留意するする必要があります。

デュタステリドの主作用 デュタステリドもAGAの治療に使用されるお薬です。ジヒドロテストステロンは男性ホルモン「テストステロン」とジヒドロテストステロンに変換する5aリダクターゼⅠ型Ⅱ型の2種類と反応して、生成されます。プロペシアでは5aリダクターゼⅡ型のみに作用していいましたが、デュタステリドはⅠ型Ⅱ型の2種類に働きかけ、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。プロペシアよりも効果が見込めるお薬として近年注目されています。

デュタステリドの副作用 確認されているデュタステリドの副作用と頻度を以下に示します。

・〈頻度不明〉 アレルギー反応注、発疹、瘙痒症、限局性浮腫、血管浮腫、抑うつ気分、味覚異常、精巣痛注、精巣腫脹、脱毛症(主に体毛脱落)、多毛症、下痢、血中クレアチンホスホキナーゼ増加 ・〈1%未満〉 蕁麻疹、浮動性めまい、射精障害、腹部不快感、倦怠感 ・〈1%以上〉 リビドー減退、勃起不全、乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感44)

デュタステリドもプロペシアと同じような副作用が確認されています。プロペシアと同じく女性への使用は禁止されているお薬です。薄毛治療薬を飲む際は、副作用の頻度も把握しておきましょう。

ミノキシジルの主作用 ミノキシジルは血行促進効果があり、頭皮環境の改善に期待が持てるお薬です。髪の毛の成長に関わる細胞の活性化などの効果があります。

ミノキシジルの副作用 ミノキシジルの副作用を以下に示します。

・多毛症 ・血圧の低下 ・むくみ ・頭皮の炎症 ・動悸

ミノキシジルはもともと高血圧の治療のために開発されたお薬で、研究段階で発毛効果があることがわかり、薄毛治療に使用されるようになりました。血圧低下などの副作用が確認されています。副作用と上手に付き合うには、正しい服用の方法がカギとなりそうです。

薄毛治療薬の正しい使用方法と管理方法

 薄毛治療薬は医師の診断のもと正しい用法容量を守る必要があります。そこで、AGA治療薬の正しい服用方法について紹介します。

プロペシアの正しい服用方法

 プロペシアを飲む際は、砕いたりしないようにしましょう。プロペシアは皮膚からも摂取されてしまいます。そのため、安全に服用できるようにコーティングが施されています。砕いてプロペシアを飲むことで、薬の効果も失われる可能性があるので注意しましょう。以下にプロペシアの正しい服用方法を示します。

・砕いて飲まない ・1日1回の服用 ・水で飲む

また、プロペシアを服用していても、薄毛の改善が見られない方のなかには、プロペシアの摂取量を増やす方がいます。プロペシアは1日1錠が基本なので、薄毛改善の効果が現れないからといって、プロペシアの量を1日複数回服用することで重大な健康被害に陥る可能性があるので、服用する量と回数はしっかりと守りましょう。

デュタステリドの正しい服用方法

 デュタステリドはカプセルタイプのお薬です。デュタステリドを服用する際はカプセルを噛まずに飲み込みましょう。カプセルを噛んでデュタステリドの成分が口の中に出ると、口内が炎症を起こす可能性があります。以下にデュタステリドの正しい服用方法を示します。

・噛まずに飲む ・1日1回の服用 ・水で飲む

デュタステリドも1日1回の服用を厳守するようにしましょう。薄毛改善の兆候がないからといって、自分で薬の量を調整しないようにしましょう。

パントガールの正しい使用方法

 パントガールはびまん性脱毛症や分娩後脱毛症などの薄毛治療に使用される薬です。パントガールの正しい使用方法を以下に示します。

・噛んで飲まない ・1日3回の服用 ・水で飲む

パントガールは熱に弱いので、低温から常温の水で服用するようにしましょう。また、パントガールは1日に3回食後に分けて服用することが一般的です。

ミノキシジル外用薬の正し使用方法

 頭皮に直接塗布するミノキシジルは塗る際にきちんと患部に成分が染み込まなければなりません。以下にミノキシジルを使用する際の手順を示します。

1. 頭皮を乾かしてから1日1~2回塗布すること 2. くしで分け目をつけて患部を出す 3. 患部を軽く揉む 4. 自然乾燥させる

ミノキシジルは使用する際に、きちんと患部に成分が届くように塗布することが重要です。ミノキシジルは頭皮環境によって、使用する回数が増える場合があります。AGA頭髪専門クリニックの医師の診断のもと、正しい用法容量を守るようにしましょう。

薄毛治療薬は医師の診察のもと正しく服用しましょう

オンライン診療費用大阪AGA加藤クリニックのオンライン診療であれば、診察料無料でスマホから診療可能です。

 薄毛治療薬は使用方法を間違えると重大な健康被害を招く危険性があります。薄毛治療には時間がかかる場合が多く、焦って多く薬を飲んで体調を崩す患者さんもいます。安全で健康的に薄毛を改善するためには医師の診察のもと薄毛治療薬の用法容量をしっかりと守りましょう。