薄毛治療の

専門医監修:個人輸入のAGA治療薬で費用セーブ?見逃しがちな4つのリスクとは?

加藤ドクター
加藤ドクター
関西エリア屈指の総合頭髪治療専門院 大阪AGA加藤クリニック院長 加藤です。薄毛でお悩みの方の疑問に答えます。

薄毛治療で皆さん頭を抱える問題の1つに治療費が挙げられます。

基本的に自由診療である薄毛治療では保険が適用されません。

それで、海外産のプロペシアやミノキシジルなど薄毛治療薬の個人輸入を考える人がいます。

個人輸入は、医師の処方箋がなくても手に入れることができる方法です。

海外メーカーから直接個人へ発送されるので処方箋が必要なく、AGA治療薬が手に入ります。

一見お得な方法に見えるかもしれませんが、個人輸入のAGA治療薬には大きなリスクがひそんでいます。

個人輸入のAGA治療薬の価格相場、リスクについて説明します。

この記事は大阪AGA加藤クリニック加藤健太郎医師の監修で制作されています。

関西随一のAGA治療専門医院 大阪AGA加藤クリニックに無料で問合せできる公式LINEアカウントに気軽に友達登録してください。

通院予約もLINEで

薬の個人輸入とは?

いつでも気軽に相談できる大阪AGA加藤クリニックのオンライン薄毛診療案内はこちらです。

オンライン診療

個人輸入とは、海外の薬を個人で購入する方法です。

主に海外の通販サイトや輸入代理店などを利用します。

商業目的の場合、海外の医薬品(医薬部外品、化粧品も含む)を輸入するには厚生労働省の許可や承認が必要です。

しかし、個人的な使用目的であれば許可を得なくても輸入できます。

たとえば日本ではミノキシジルの内服薬(ミノタブ)は市販されていません。

入手するには、本来は医師による処方箋が必要です。

しかし個人輸入ならミノキシジルの内服薬も医師の処方せんなしで入手できます。

個人輸入薬の4つの危険性

個人輸入薬には以下の危険性があります。

  1. 副作用へ対応できない
  2. 日本人の体質に合っていない可能性
  3. 偽物の危険
  4. パッケージの外国語説明文を正しく理解できない可能性

副作用へ対応できない

個人輸入をした薬に限らず副作用はどの薬にも出る可能性があります。

しかし、医師が処方していない薬で副作用が出たら適切な対処ができるとは限りません。

  • 軽度の副作用としては、眠気や倦怠感、体重増加などの症状が現れる可能性があります。

軽いものであれば、医療機関を受診して診てもらえば特に問題ありません。

しかし、アレルギー反応が強く起こり、アナフィラキシーショックを起こすことがあることを忘れてはいけません。

アナフィラキシーショックが起きた場合「めまい」「呼吸困難」「意識障害」などが引き起こされます。

最悪の場合、死につながることもあります。

  • 海外のAGA治療薬に安易に手を出すのは危険です。
  • 国内であれば専門のカウンセリングを行ったうえで医師が処方するので、副作用のリスクは低いです。

▼▼▼薄毛治療薬と副作用について、さらに詳しくはこちらから▼▼▼

日本人の体質に合っていない可能性

プロペシアやとミノキシジルの安全性というのは、各国の基準で行われています。

それぞれの国のメインの人種に合わせた成分種類・量を入れているのです。

そのため、海外のものを日本人が服用した場合、ひどい副作用や思いもしない反応が出る場合があり、命の危険にもつながってきます。

日本では危険視されている成分が海外の薬には含まれている可能性が高いためです。

国内で処方されるAGA治療薬は日本人の身体や体質に合わせて調剤されているものを処方します。

偽物の危険

個人輸入の場合は偽物が販売されていることもあります。

本物か偽物なのか、素人目では判断することができません。

偽物を服用してしまって薄毛が悪化するという事例も多く報告されています。

薄毛改善の見込みが薄いどころか、重篤な健康被害に陥る可能性が高いということです。

パッケージの外国語説明文を正しく理解できない可能性

海外生産のAGA治療薬は、当然成分や用法・用量が外国語で書かれています。

ある程度外国語を理解できても、普段使わない医療用語を正しく理解できない可能性があります。

成分詳細や内服方法、副作用が発生した際の対処法など詳細のわからない薬を服用するのは危険です。

個人輸入のAGA治療薬の価格相場

個人輸入のAGA治療薬は性能や副作用の危険に対して何の保証もない割に価格高い

代表的な薄毛治療内服薬のジェネリック薬と個人輸入の場合の一般的な価格も調査して記載しました。

個人輸入での取引はすべて自己責任です。

模造品の可能性や副作用の発症についてもリスクが大きいことを承知してください。

医者の視線から考えると、この程度の価格差で許容できるリスクではないと考えます。

内服薬

処方費用相場(1ヶ月分)

大阪AGA加藤クリニック

個人輸入

プロペシア錠(フィナステリド系)

5,000〜8,000円

7,700円

約5,000円

フィナステリド錠(プロペシアのジェネリック)

4,000〜7,000円

6,200円

約3,000円

ザガーロ錠(デュタステリド系)

9,000円〜12,000円

11,500円

約10,000円

ミノキシジル

約10,000円

7,000~8,000円

約4,000円

  • プロペシアのジェネリック薬について、価格相場、購入方法の注意点について、以下の記事で説明しています。

最新の治療機器や設備が薄毛改善の答えではない!

オンライン診療費用大阪AGA加藤クリニックのオンライン診療であれば、診察料無料でスマホから診療可能です。

大阪AGA加藤クリニックでは、信頼できる大手メーカーの治療薬を取り扱います。
同時に、患者さまのコスト負担を軽減するために、ジェネリック治療薬の導入も積極的に行っています。
薄毛治療はとにかく時間との勝負です。
AGAは内服薬による安全な治療メソッドが確立していますし、早く治療を開始すれば低コスト・短期間で症状改善できます。
少しでも早く自分の頭皮と頭髪の状態を見極めて、必要であれば治療を開始してください。