費用

治療費を抑えて薄毛を改善!二度と失敗しないAGAクリニック選び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

薄毛治療で皆さん頭を抱える問題の1つに治療費が挙げられます。基本的に自由診療である薄毛治療では保険が適用されないので、治療費が膨らむケースが多いです。しかし、良心的なAGA頭髪専門クリニックでは、患者さんの経済的な負担を考慮したうえで最適な治療プランを考えてくれます。そこで今回は、治療費を抑えつつ健康的に薄毛を治療してくれるAGA頭髪専門クリニックの選びかたについて再度おさらいします。

おさらい!自由診療と保険診療の仕組みとは?

保険診療は、健康保険が適応になる一般的な治療のこと言います。風邪をひいてないかにかかったとき、一般の方なら全医療費の3割負担になります。このようなものが保険診療になります。一方で、自由診療は健康保険が適用にならず、全額自己負担になります。主に、最先端医療と言われるものや、健康上の理由以外で病院にかかる場合は自由診療になることが多いです。薄毛の治療は、健康上の理由に当てはまらない場合が多く、美容整形などと同じくくりにされています。

意外と知らない?保険診療の仕組み

保険診療の場合、自己負担が3割になります。高齢の方や未就学児の場合は2割や1割、中には免除になっている場合もあります。残りの7割の医療費はだれが払うのかと言うと、保険者と呼ばれる機関と国が支払ってくれています。健康保険の被保険者である私たちは毎月お給料から「健康保険料」が引かれています。この健康保険料が、残りの7割の一部を負担してくれているのです。診察を受けると、窓口で3割の医療費を支払ったのち、病院側は保険者に請求書を提出します。請求が来ると、審査支払期間が診療の内容を確認して、支払いを行う流れになっています。この審査支払期間が「医学的に妥当な診察」と判断をしなければ、被保険者は全額負担になってしまいます。

自由診療が高額になる理由

保険診療は7割を国や保険者が負担してくれるので、高額な治療費を払わなくて済みます。しかし、AGAなどの自由診療の場合は全額負担になるため治療費が膨らみます。厚生労働省が認めていない未承認薬品などはこれに当たります。他にも、人体に有害とされると確認できているものは承認されていません。AGA治療薬の場合は、有害ではありませんが、生命に関わる治療として厚生労働省が認めていないケースが多く、保険適応外で治療費が全額負担になっています。

▼▼▼AGAと自由診療について、さらに詳しくはこちらから!▼▼▼

 

 

命の危険にもつながる!?個人輸入の薬の危険性!

「薄毛で悩んでいることが周囲にバレたくない」「クリニックに通うことになると高額な治療費がかかってしまう」と思い育毛剤の個人輸入を考える人がいます。個人輸入は、医師の処方箋がなくても手に入れることができる方法です。海外メーカーから直接個人へ発送されるので処方箋が必要なく、AGA治療薬が手に入ります。一見お得な方法に見えるかもしれませんが、個人輸入のAGA治療薬には大きなリスクがひそんでいます。

薄毛が悪化する!?個人輸入の薬のリスク

個人輸入をした薬を服用すると、副作用として軽い症状ではアレルギー反応が出ることがあります。軽いものであれば、医療機関を受診して診てもらえば特に問題ありませんが、アレルギー反応が強く起こり、アナフィラキシーショックを起こすことがあることを忘れてはいけません。アナフィラキシーショックが起きた場合「めまい」「呼吸困難」「意識障害」などが引き起こされます。最悪の場合、死につながることもあります。アレルギー反応はどの薬にも出る可能性があります。プロペシアやとミノキシジルの安全性というのは、各国の基準で行われています。日本では危険視されている成分が海外の薬には含まれている可能性が高いためです。他にも、個人輸入の場合は偽物が販売されていることもあります。本物か偽物なのか、素人目では判断することができません。偽物を服用してしまって薄毛が悪化するという事例も多く報告されています。日本の厚生労働省も注意喚起をしているので、しっかりと把握しておく必要があります。このプロペシアとミノキシジルの薬は、それぞれの国の人種に合わせた成分を入れているため、海外のものを日本人が服用した場合、ひどい副作用が出る場合があり、命の危険にもつながってきます。以下に個人輸入のプロペシアの主な副作用を

・発疹
・精神疾患
・勃起不全
・射精障害
・食欲減退

以下に個人輸入のミノキシジルの主な副作用をしめします。

・多毛症
・めまい
・ふらつき
・血圧低下
・頭皮の炎症
・血圧低下

ミノキシジルの副作用が発症する確率は2%という数字が報告されています。軽度の副作用としては、眠気や倦怠感、体重増加などの症状が現れる可能性があります。海外のAGA治療薬に安易に手を出すのは危険です。

▼▼▼薄毛治療薬と副作用について、さらに詳しくはこちらから▼▼▼

自己責任で病気を治療しなければならない!

国内で処方されるAGA治療薬は日本人の身体や体質に合わせて調剤されているものを処方します。専門のカウンセリングを行ったうえで医師が処方するので、副作用のリスクは低いです。個人輸入した薬で副作用が出てしまった場合は、自分で内科やAGAクリニック病院に通う必要があります。個人輸入のAGA治療薬では薄毛改善の見込みは薄く、重篤な健康被害に陥る可能性が高いということです。

良心的なAGAクリニックの選び方!

一般の皮膚科では最先端の治療を受けることが難しいです。カウンセリングの時間もすくなく、プロペシアを処方するという簡素な診察で終わってしまいます。患者さんの体質の検査も血圧測定や視診・触診など簡易的な診療で治療を進めるケースが多く、個人輸入のAGA治療薬による副作用の対応も難しいでしょう。AGAを確実に治療するならAGA頭髪専門クリニックを受信することをお勧めします。以下に良心的なAGA頭髪専門クリニックの選び方のポイントを紹介します。

コロナ感染対策!オンライン診療に対応している!
コロナウィルスの影響で、外出が自粛されています。優秀なAGA頭髪専門クリニックでは、オンライン診療「クリ二クス」などを積極的に導入しています。オンライン診療サービスもクリニック選びのポイントの1つです。

無料カウンセリングを行っている
治療は自己負担のため、高額になってしまうことが考えられます。そのため、契約をする前に無料でカウンセリングを行ってくれるところを探しましょう。もちろん、いくつもクリニックを訪れてご自身に合ったところを選びましょう。オンライン診療に対応しているクリニックも検討するとよいです。

予算内で治療計画を立ててくれる!
無料カウンセリングでは治療費用の話をしてくれます。その際に、予算内での治療計画を考えてくれるクリニックを選ぶことをおすすめします。なかには、医療保険が必要な高額な治療メニューを一方的に進めてくるクリニックもあるので注意しましょう。

症例の数が多い
症例の数が多いAGA頭髪専門クリニックで治療することをお勧めします。実力のあるAGA頭髪専門クリニックでは、公式サイトに症例を掲載している場合が多いです。また、症例ともう一つ「月間の患者さんの来院数」を指標にしてもよいでしょう。通院しやすい、相談しやすいクリニックの判断材料になります。

最新の治療機器や設備が薄毛改善の答えではない!

「最新鋭の設備がそろっています!」といた広告がありますが、必ずしも自分の満足のいく治療が受けられるとは限りません。薄毛の症状は人それぞれ異なり、体質もまた人それぞれです。無料カウンセリングを積極的に受けて、通院のしやすさや治療費用など総合的に判断するとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。