クリニック

薄毛の精神的なケアはAGAクリニックで!通院の重要性とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 AGA治療では薄毛を改善するためには「患者さんの精神的なケア」と「継続した通院」がとても重要になります。
 AGA(男性型脱毛症)や女性版AGA「FAGA」(Female Androgenetic Alopecia)は自分で治療することは難しいとされています。
 効果のない市販の育毛シャンプーや育毛剤などを使用しても、AGAの根本的な解決は困難といってよいでしょう。
 AGAやFAGAはクリニックに定期的に通院して、医師と相談しながら早期治療を行うことがとても大切です。定期的に通院することで、AGAの症状も改善する可能性が高まります。
 しかし、AGAやFAGAで悩んでいる男性や女性の中には、AGA頭髪治療専門クリニックになかなか相談できない方も多いようです。
 そこで今回は、AGA治療における通院の重要性と、通院に抵抗がある方におすすめのクリニック選びを紹介したいと思います。
 何を基準に通院しやすいクリニック選びをすればよいのでしょうか?

AGAで悩んでいる人はどれくらいいるの?

 AGAと聞くとごく一部の高齢の男性に現れる薄毛の症状と認識している方もいると思います。しかし、日本のAGA人口はとても多く、20代や30代の若い男性や女性でもAGAやFAGAで悩んでいる方はたくさんいます。
 一体日本のAGA人口はどれくらいなのでしょうか?

日本のAGA人口と年代別割合

 日本は欧米に比べてAGAの発症率は低いとされています。ですが、日本のAGA人口は決して少なくありません。
 あくまで予想とされているAGA人口は「1,200万人」いると推定している研究者もいるようです。
 AGAは年齢を重ねると発症しやすいといわれていますが、近年20代30代の若い世代のAGAの割合も増加傾向にあるようです。
 以下に日本皮膚科学会ガイドラインの「男性型および女性型脱毛症ガイドライン2017年版」に掲載されているAGAの年代別の割合を紹介します。

・20代(10%)
・30代(20%)
・40代(30%)
・50代以降(40%)

 AGAは20代後半から30代前半に進行し始め、30代後半から40代にかけてAGAの症状が顕著になっているようです。
 20代の若い方でも10%の割合でAGAの薄毛症状が現れるのは意外と感じる人もいるのではないでしょうか。
 AGAは進行性の薄毛の症状なので、20代30代の若い世代の方ほど早期治療が重要になってきます。
 しかし、AGAの治療をクリニックへ相談するのが恥ずかしいという方も多いと思います。クリニックへの通院に抵抗がある方のなかには、自己判断で市販の育毛剤などを使用して治療をする人もいます。
 自己判断のAGA治療は頭皮環境の悪化以外にも深刻な健康被害に陥る可能性があります。自己判断でのAGA治療にはどのような危険性が潜んでいるのでしょうか?

自己判断でのAGA治療の危険性

 AGA頭髪治療専門クリニックへの相談に抵抗を感じて、自己判断でAGA治療をする方もいますが、重大な健康被害を招く可能性があります。
 自己判断でのAGA治療の危険性を紹介します。

体質に合わない育毛剤の使用

 市販の育毛剤は医薬部外品に分類されます。医薬部外品とは「病気の治療や改善に効果のある成分を一定量含んだもの」です。
 市販の育毛剤で根本的なAGAの治療を行うことは困難といってよいでしょう。優れた市販の育毛剤でもAGAの進行を少し遅らせる程度が限界と考えてよいでしょう。
 以下に育毛剤に含まれている成分の一部とその効果を紹介します。

血行促進成分

  • セファランチン
  • センブリエキス
  • ニンジンエキス
  • ピディオキシジル
  • M-34
  • トウガラシチンキ

毛母細胞活性成分

  • ビオチン
  • ペンタデカン酸グリセリド
  • M-34
  • バイオポリリン酸
  • グリチルリチン酸ジカリウム

皮脂抑制成分

  • シャクヤクエキス
  • ドクダミエキス
  • オドリコソウエキス

 市販の育毛剤に使用されている成分は他にもたくさんあります。どの成分が自分の薄毛症状に効果があり、どの成分が体質に合わないか判断するのは難しいと思いませんか?
 体質に合わない成分が含まれている育毛剤を継続して使用し、頭皮環境の悪化や重大な健康被害に陥る可能性があることのほうが問題ですよね。

洗浄力が強いシャンプーを毎日使用する

 頭皮の清潔感を保つために過剰な洗髪をする方がいます。頭皮を清潔な状態に維持することはとても重要なことですが、健康な毛髪の維持に必要な最低限の皮脂も一緒に洗い流してしまい、逆に薄毛が進行する場合があります。
 特に洗浄力が強い合成界面活性剤を使用したシャンプーは頭皮に負担をかける場合があるので、注意が必要です。
 過剰な洗髪はよくある間違った自己判断の1つです。

海外から輸入されたAGA治療薬を使用する

 一番危険な自己判断の薄毛治療行為が輸入品のAGA治療薬を使用することです。前回の記事でも海外のAGA治療薬の危険性について説明しましたが、海外のAGA治療薬を使用することで、重大な健康被害に陥る可能性があります。
 海外のAGA治療薬は日本のAGA治療薬と「濃度」が異なります。海外のAGA治療薬の濃度は日本のAGA治療薬の約4倍ともいわれています。
 自己判断で一番危険な行為なので、インターネットで販売している輸入品のAGA治療薬に安易に手を出すのは危険です。
 以上で挙げた、間違った自己判断で治療行為をする方のなかにはAGA頭髪治療専門クリニックで治療することに抵抗を感じる人もいます。
 そこで、AGA頭髪治療専門クリニックで治療に踏み切れない方におすすめのクリニック選びの方法を紹介したいと思います。

AGA治療の通院を迷っている方におすすめのクリニック選び

 AGAの治療は最低6カ月ほどかかるのが一般的です。仕事をしている方にとっては月に1度の通院でもストレスに感じる人も多いようです。クリニックに足を運ぶこと自体に不安がある方も少なくありません。
 皆さん安心してください。最近のAGA頭髪治療専門クリニックでは患者さんへの精神的なケアも十分配慮している仕組みになっています。
 AGAを治療する際の「通院しやすいクリニック選び」を紹介したいと思います。

通院に踏み切れない患者さんに多い悩み

 AGAは進行性の薄毛の症状なので、早期治療が重要ですが、クリニックへ相談する勇気がないという意見も多いようです。
以下に通院に踏み切れない患者さんの意見の一部を紹介します。

  • クリニックのカウンセラーや医師への相談に抵抗がある
  • 薄毛治療をしていると知られたくない
  • クリニックで知り合いに合ったら気まずい
  • 薄毛をいろいろな人に見られるのが恥ずかしい
  • 通院途中を友人や会社の同僚に見られたくない

 以上で挙げた理由意外にも、クリニックへの相談する際の悩みはたくさんあります。AGAの薄毛症状の治療も重要ですが、患者さんの通院に対する精神的なケアなどもAGA治療成功への大切な要因の1つになります。
 AGA頭髪治療専門クリニックでの治療に踏み切れない方におすすめのクリニック選びを紹介したいと思います。
 どのような基準でAGA頭髪治療専門クリニックを選べばストレスなく通院できるのでしょうか?

通院に抵抗がある人はAGA頭髪治療専門クリニックがおススメ

 プライバシーの問題や通院に不安を感じる人は一般的なクリニックや総合病院よりもAGA頭髪治療専門クリニックのほうがおすすめです。
AGA頭髪治療専門クリニックで薄毛治療をするメリットを紹介します。

  • いきなり髪の毛のボリュームが増えることはない(治療方針によります)
  • 薄毛専門のカウンセラーが常駐している
  • 完全個室で相談できる
  • 24時間予約できる
  • 完全予約制度を設けている

いきなり髪の毛ボリュームが増えることはない(治療方針によります)
 AGAの治療では、急激に髪の毛ボリュームが増えて、会社の同僚や友人に薄毛治療がばれてしまうのが心配だという思いを抱いている患者さんもいます。
 薄毛の症状や治療方針によりますが、AGA頭髪治療専門クリニックでのAGA治療はザガーロやミノキシジルを使用した「単剤治療」や「多剤治療」から開始します。
 単剤治療や多剤治療は患者さんの体質や体調を医師が判断して「徐々に薄毛を改善」する治療法なので、周囲の人間にAGA治療を行っていることが知られてしまう可能性は低いです。
 自毛植毛の施術を行い、一度に髪の毛を増やしたいという患者さんもいるので、医師と患者さんの治療方針によって治療方法が異なる場合もあります。

薄毛専門のカウンセラーが常駐している
 AGA頭髪治療専門クリニックでは薄毛治療専門のカウンセラーが常駐しています。薄毛の症状や悩みは人それぞれですよね。
 一般的なクリニックでAGA治療薬を使用して治療を行える環境でも、専門のカウンセラーが常駐している総合病院やクリニックは比較的少ないのが現状です。
 その点AGA頭髪治療専門クリニックでは、いろいろな人の薄毛の悩みを聞いてきたカウンセラーが親身に薄毛相談にのってくれるので安心して通院できるといった意見が多いようです。

完全個室で相談できる
 総合病院や一般的なクリニックでは完全個室がない場合も多いです。完全個室がないクリニックでは、医師と患者さんとの会話のやり取りなどが第三者に聞こえてしまい、トラブルになるケースもあるようです。
 AGA頭髪治療専門クリニックでは完全個室を設けている場合が多いので、一般的なクリニックよりも患者さんのプライバシーに配慮したフロア設計になっています。

24時間予約できる
 一般的な総合病院は通院した際に次の診察の日時を決めるか、病院の営業時間内に電話で予約する場合が一般的だと思います。
 AGA頭髪治療専門クリニックでは24時間インターネットで予約できる仕組みが整っている場合が多いです。
 AGA治療で重要なことは「通院して治療を継続」することです。予約するタイミングがとても重要だということです。
 24時間予約対応できるクリニックでAGA治療を開始すれば、自分の生活リズムに合わせて診察を受けることが可能です。AGA改善の可能性も高まります。

完全予約制度を設けている
 完全予約制度を設けているAGA頭髪治療専門クリニックもあります。一般的な総合病院や内科などのクリニックでは完全予約制度がない場合があります。
 患者さんとの医師との時間をしっかりと確保できる完全予約制度を設けているクリニックで治療することをおすすめします。

オンライン診療に対応しているクリニックを選ぶ

 AGA治療で重要なことは「定期的に通院すること」だと説明してきました。AGA頭髪治療専門クリニックで薄毛の治療を開始しても、途中で通院を断念される患者さんがいます。
 実績のある人気のAGA頭髪治療専門クリニックでも、遠方から足を運んでくださる患者さんにとっては、通院がかなりの負担になるといった意見が多いようです。
 そこで最近のAGA頭髪治療専門クリニックではできるだけ患者さんの通院の負担を少なくするために「オンライン診療」を導入しているクリニックが増えてきています。
以下にオンライン診療の流れを紹介します

① スマホ・パソコンから診察日を予約
② テレビカメラで診察を受ける
③ クレジットカードなどで会計
④ 薬・処方箋の輸送

 以上がオンライン診療の流れとなっています。オンライン診療は通院にかかる時間や交通費を抑えることができるので、最新の診察方法として注目されています。
 通院に不安を感じている方はオンライン診療を導入しているAGA頭髪治療専門クリニックで薄毛治療を開始することをおすすめします。
 オンライン診療の仕組みはクリニックより若干仕組みが異なる場合があるので、AGA治療を開始する際は、オンライン診療にかかる費用や仕組みをカウンセラーから事前に聞いておくことをおすすめします。

通院でお悩みの方はAGA頭髪治療専門クリニックに相談

 AGAを改善するためにはAGA頭髪治療専門クリニックに「継続して通院」することが重要です。AGA頭髪治療専門クリニックでは患者さんのプライバシーを守るためいろいろな仕組みを導入しています。オンライン診療や24時間予約など、通院の負担も考えてくれています。
 通院に不安を感じてAGAの治療に踏み切れない方は、薄毛の悩みを1人で抱え込まず、実績のあるAGA頭髪治療専門クリニックの無料カウンセリングで相談することをおすすめします。

大阪AGA加藤クリニックの院長です。発毛に関する情報を発信しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。