AGAの原因

男性型脱毛症の原因は遺伝ってホント?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 お爺さんも父親も髪が薄い写真を見る度に、「俺も遠からずはげるんだろうな」「遺伝だから仕方ない」と諦めていませんか! はげ(薄毛)は遺伝すると云われ続けて来ました。薄毛になり易いかどうかについては、今では遺伝子検査で調べることが出来ますし、そのキットを自分で購入して検査を依頼するサービスもあります。ここでは、毛の生える仕組みから、それに関わる遺伝子についてご紹介します。

髪の毛が生える仕組み

1-EDAR遺伝子が一部で発現(=現れること)

 毛が作られる時期を迎えると、それまで皮膚の表面(表皮層)の「表皮細胞」全体に発現していたEDAR遺伝子が、ある一部の表皮細胞でのみ、発現するようになります。
※EDAR遺伝子は毛髪の太さに影響を与える遺伝子と云われます。

2-SHH遺伝子が真皮細胞に集中

 EDAR遺伝子が発現した同じ場所にSHH遺伝子が発現して、表皮層の下の真皮層に分布していた真皮細胞もその場所に集まって来ます。
※SHH(ソニック・ヘッジホッグ)遺伝子は発毛促進の遺伝子と云われます。

3-BMP4遺伝子が発現

 SHH遺伝子から作られるSHHの刺激で、BMP4遺伝子が発現し、表皮細胞を毛に変化させる信号を送ります。
※BMP4遺伝子は骨形成タンパク質の遺伝子で、毛の伸長においては毛母細胞の核化を促進します。

4-毛芽の誕生

 信号を受け取った部分では、表皮細胞が真皮層に落ち込んでいって、毛の元となる毛芽が出来上がります。

5-毛の成長期

 その真皮細胞が毛乳頭になり、周辺の表皮細胞は毛母細胞に変化します。毛母細胞はどんどん増えて、毛に変化しながら、上へ伸びて行きます。

6-毛の退行期

 やがて伸びた毛は退行期に入って、毛母細胞などは萎縮して、毛根が表皮方向に上がって来ます。この状態で数ヶ月、活動休止となります。

7-新しい毛

 毛が抜けて、毛乳頭がまた信号を受けると、毛の伸長が再開されます。
※毛の伸長の周期によって、人の場合なら2~6年で、#5~#7の「伸びる⇒休止⇒抜ける⇒伸びる」を繰り返します。男性の場合は歳をとると、この周期を繰り返す度に、毛が細く短くなって行きます。

日本人男性の3人に1人はAGA

 はげ(薄毛)は、遺伝するとよく言われ続けてきましたが、ようやく薄毛に関わる遺伝的要因も明らかになりつつあり、その対処法も見つかってきました。ここでは、その遺伝要因と、それを調べる遺伝子検査について見てみましょう。

AGA遺伝子検査で判る男性型脱毛症の遺伝の影響

 自分自身に脱毛症が起こるのではないかと考えた場合、男性に起こっている症状だから父親から受け継いだものと考えがちです。しかし、男性型脱毛症の場合は、反対にその原因となるはげの遺伝子は母親から受け継ぐ「X染色体」上に在ります。だから父親が禿げていない自分は安心だと思うのは早計ですし、かと言って女性は男性型脱毛症にはならないので、母親の頭髪では判断できないのです。でも、祖父である母方のお爺さんの頭髪は参考になるかもしれません。と云うのも、祖父は母親の「X染色体」の元になっているわけですから、隔世遺伝であなたに影響を与えているとも考えられます。お爺さんの頭髪がいつ頃から、脱毛し、何歳ごろから目立ち始めたかを知ることは、あなたの髪の将来を推測する参考にはなると思われます。

遺伝子検査

 AGA(男性型脱毛症)に限らず、様々な遺伝子検査のサービスが行われています。話題になったのが、アメリカの女優さんが遺伝子検査の結果、乳がんになる確率が高いとして乳房を切除したと云うことがありましたね。遺伝子は一生変化するものではないから、遺伝子検査の結果は絶対のものと思ってしまいますが、問題点がない訳ではありません。

問題点#1:正確性

 依頼業者の検査が正確であるかは、不明です。業者によって検査結果が違っては困るので、慎重な業者選びが重要になって来ます。

問題点#2:検査が部分的

 遺伝子検査と云っても、調べる対象によって検査をする遺伝子の数が限られ、全数をチェックする訳ではないのです。例えば、AGA(男性型脱毛症)に関係する遺伝子3つを調べたとしても、他の遺伝子が関係ないとは言い切れないのです。大学医学部の質問コーナーでの答えに、「症状が揃った典型的な患者さんに遺伝子検査診断を行った場合でも、異常発見の確率は70~80%くらい」とされていました。

専門施設で遺伝子検査

 遺伝子検査を行うのであれば、AGA(男性型脱毛症)専門病院やクリニックなどで受診されることをお勧めします。市販検査キットが15,000円程度なのに比べれば、専門病院やクリニックなどでの検査では20,000円以上と割高な感じですが、アドバイスをしっかりしてもらえるだけではなく、診断結果に対する質問にも答えていただけ、あなたに合ったアフターケアが望めます。

遺伝子検査キットの購入

 市販の遺伝子検査キットとしては、AGAドッグの検査キット(価格12,600円)が有名で、amazonでも購入が出来ます。
ここでは、DHC遺伝子検査キットを使ってみました。DHC遺伝子検査キットはAGA(男性型脱毛症)の発症リスクの遺伝子検査を家庭で判定できる遺伝子検査キットです。これは薄毛を引き起こすと云われるAR(アンドロゲンレセプター)遺伝子をチェックして、遺伝子段階で「高め」『中程度』「低め」の3つのレベルで薄毛になり易いかを判定します。
【DHC遺伝子検査のやり方】
1-DHCオンラインショップでDHC遺伝子検査キットを購入します。
2-遺伝子検査申し込み同意書に記入します。
3-採取容器に唾液を適量入れます。
ろうと状の採取容器を口元にあてて、唾液を容器に書かれた2本線の間の小さな三角形部分に流し入れます。唾液はあまり多く入れ過ぎないよう、ほんの少量で十分ですよ。
4-ふたを締めると保存液が混ざります。
容器のふたに入っている青色の液体は採取した唾液の除菌・保存の液体で、ふたをカチっと閉めると、ふたの底のフィルムが剥がれて唾液と保存液が混ざります。ろうと部分を付属キャップに付け替えて、しっかりふたを締めます。容器を上下に5回ほど振って、しっかりと混ぜ合わせます。
5-ID番号シールを容器に貼って、チャック袋に入れます。
6-検査申し込み同意書と容器を入れて返信用封筒(スマートレター)で返送します。(送料は無料)
7-3~4週間程度で結果が返送されます。

【DHC遺伝子検査の注意事項】
DHC遺伝子検査は自宅で手軽に出来ますが、正確な検査結果のために次の注意事項に気をつけてください。

  1. 唾液採取の1時間前より絶食・禁煙(水はOKです)
  2. 1時間以上前に歯磨きを済ませておくこと
  3. 唾液は入れ過ぎず、決められた適量を入れること
  4. 採取容器を入れていたビニール袋は返送に使用するので、破棄しないこと
  5. 採取容器にIDシールを貼り忘れないこと
  6. キャップやビニール袋はしっかり閉めること
  7. 採取後は早めに返送すること
  8. 複写式の同意書は1枚目を返送して、2枚目は自分で保管すること

【DHC遺伝子検査結果】
① 脱毛関連遺伝子検査結果報告書
1-AGA発症リスク結果(高め・中程度・低め)
「CAGリピート数+GGCリピート数=リピート合計数」と書かれているので、基準値「38」に対して、リピート合計数が高ければ、AGA発症リスクは低く、リピート合計数が低ければ、AGA発症リスクは高いと判定されます。
2-AGA発症のメカニズム、AR遺伝子の遺伝のしくみ
遺伝子や発症のメカニズムについて説明されています。毛髪の遺伝子検査の仕組みに納得すれば、検査結果を受け入れやすく、その後のケアも信頼できますよね。
② DHCパーソナルカルテ
アフターサービスやフォローがしっかりしていて、あなたに合った具体的な薄毛・脱毛対策商品やサプリメント、そして生活習慣の改善策から頭皮マッサージの方法まで提案やアドバイスをしてもらえます。無料で個別に専門スタッフが電話相談にものってくれるから安心ですね。

  1. 薄毛危険度セルフチェック
  2. AGA発症リスクタイプに合った、おススメ発毛促進剤&育毛剤
  3. AGA発症リスクタイプに合った、おススメサプリメント
  4. 健やかな髪と頭皮を保つための生活習慣(洗髪方法・頭皮マッサージ方法・食事・運動など)の解説

多因子遺伝

 男性ホルモンの一種である「テストステロン」は、還元酵素「5qリダクターゼ」の働きで「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変わります。これによってヘアサイクルが乱れ、髪の生長期間が通常より短くなってしまいます。すると、成長しきらずに髪の毛が抜けたり、短くて細い髪が増えてきたりします。これが以前より髪が薄くなってきたと感じるAGAの主な原因とメカニズムであり、遺伝はAGAの直接的原因ではないのです。薄毛の遺伝は、様々な要因が重なって生じる「多因子遺伝」で、「父親が薄毛だから自分も薄毛になる」といったような単純な話ではないのです。

AGAをあきらめない治療法

最先端治療法とその効果

① ザガーロによる投薬治療

AGAの原因に関わる還元酵素「5qリダクターゼ」には、Ⅰ型とⅡ型があります。AGA治療薬プロペシアの場合はⅡ型のみに作用しましたが、2016年発売の新薬、AGA治療薬ザガーロはⅠ型とⅡ型の両方に作用します。このためプロペシアの効果効能が「男性における男性型脱毛症の進行遅延」であったのに対し、ザガーロの効果効能が「男性における男性型脱毛症」となっており、進行遅延の文字のない分、満足度の高い効果が期待できるでしょう。

② 自毛植毛の新技術

1-ARTAS植毛
植毛ロボット「ARTAS(アルタス)」の登場によって、ドクターの腕に左右されることなく
移植毛の採取が実現されました。また採取時間が短縮されたことで、手術全体の時間も短縮され、患者さんの負担軽減に大いに役立っています。
2-刈らない自毛植毛
ARTAS植毛でも従来のFUT法やFUE法といった自毛植毛では、手術前に移植毛の採取をスピーディにするため、採取個所の髪を短く刈る必要がありました。最近、髪を短く刈らずに移植できる技術も開発され、注目を浴びているところです。

③ HARG療法

HARG療法はAGA治療の一種である毛髪再生治療です。まず、患者さんの脂肪幹細胞を培養し、成長因子を抽出します。その成長因子を含んだ液体を頭皮に直接注入します。これによって発毛機能をよみがえらせるというものです。効果を持続させるには継続が基本の投薬治療と異なり、HARG療法は治療終了後もその効果が持続するとされています。

いかがでしたか、
今回は、AGA(男性型脱毛症)は遺伝じゃない、あきらめるのはまだ早いという、明るいお話をご紹介しました。
是非、参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。