治療方法

AGA遺伝子検査ってどの程度の信ぴょう性があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 最近、抜け毛が多い、まだ若いのに頭の上が薄くなってきた、育毛薬の効果が現れない、など薄毛でお悩みのあなた、一度AGA遺伝子検査を受けてみませんか?そうすれば、その薬があなたの体に合っているのか、どうしてAGA脱毛症になってしまったのか、その原因が判りますよ。AGA遺伝子検査によって、あなたの脱毛症にピッタリの治療法が判り、無駄な費用をかけることがなくなります。ここでは、そんなAGA遺伝子検査について、ご紹介します。

AGA遺伝子検査とは?

 脱毛症の遺伝子診断と云うのは、毛根の細胞に強く働きかけて脱毛を起こす男性ホルモンの影響を受け易いか、どうかをあなたの遺伝子から診断するものです。男性ホルモン(アンドロゲン)は毛根細胞の受容体に受け取られ、その細胞に入って働くアンドロゲン受容体(アンドロゲンレセプター)遺伝子には、決まったDNA塩基配列が繰り返される領域があって、この領域が短い人は、AGAが発症し易いことが判っています。よって、この検査でDNA塩基を調べて、男性ホルモンに対する感受性を予測し、AGA(男性型脱毛症)に対するあなたの治療方針を決定できます。

AGA遺伝子検査の方法を説明します

 AGAは早くから治療を始めれば始めるほど、進行を防ぐことが出来ます。でも、ちょっと抜け毛が増えたぐらいで、すぐにAGA治療専門クリニックへ足を運ぶ方はほとんどいないでしょう。しかし、事前に遺伝子検査を受けて、AGAのリスクの大小を知っていれば、後で頭皮に違和感を覚えるようになっても、抵抗なく病院へ行けるでしょう。また治療薬のフィナステリド(プロペシア)の効果が得られる体質か?なども遺伝子検査で判るので、いろんな治療薬を試すと云った回り道をせずに、育毛効果を実感できます。
AGA遺伝子検査の方法には、病院で行うのと、検査キットを取り寄せて行う方法があります。

・病院での検査: AGA遺伝子検査を病院で行う場合は、前もって皮膚科又はAGA専門の病院へ連絡してから来院してください。病院検査では結果によって治療方法が判るので、治療計画が立て易いメリットがあります。毛髪や血液から採取したサンプルでAGA遺伝子検査を行います。CAG・GGCのリピート数の確認や遺伝子解析によって、1ヶ月かけて将来的な薄毛の可能性を判断します。結果判明後、専門医師からの説明で遺伝的な問題の薄毛なのか、フィナステリドが効くかどうかなどを判定するので、治療方法・計画がスムーズにスタートして、安心して任せられますね。

【アンドロレセプター遺伝子検査】
検査方法-医療機関で通常行われている血液検査と同じように、左右どちらかの腕から静脈血を約2ml採取します。その血液からはアンドロゲンレセプター遺伝子だけを検査し、それ以外の遺伝子については検査しません。検査を基に解析を行って、約1ヶ月後に結果が説明されます。検査結果は個人情報となるので、クリニック内での医師からの説明になり、電話では受け付けられないことは了承しておいてください。
※検査費用―19,000円(税別)。検査のみの場合でも、初診料5,000円(税別)が別途かかります。

:遺伝子診断の判定基準:CAGとGGCという塩基配列が繰り返される領域の長さで、男性ホルモンに対する感受性が予測可能です。
【X=CAGリピート数+GGCリピート数】
:【A群】:X≦38の場合(短い):男性ホルモンに対して感受性が高いと予測され、若年層に対しては予防的にフィナステリドの投与や、または治療が必要となります。
:【C群】:42≦Xの場合(長い):男性ホルモンに対して感受性が低いと予測されますが、発症しないとは保証できず、状態によっては予防処置が必要です。

【薄毛より怖いフィナステリドの副作用】
誰にでも起こる恐れがありますので、少しでも次のような副作用が心配な方はカウンセリングを受ける方が良いでしょう。
副作用①:性機能、子作りに影響
―1:性欲減退―統計学的には発症率は2%と少ないものですが、意識や注意する必要性が全くないとは言い切れませんので、体に変調を感じた場合は医師に相談しましょう。
―2:勃起不全―勃起不全の発症率も非常に低いものですが、副作用には精神的要因も大きいので、治療薬の危険性ばかりを気にして男性機能低下の症状を出してしまうことがあるようです。
―3:精子減少・無色化―AGA治療薬は男性ホルモンを抑制する効果があるので、精子の減少や無色化することもありますが、服用を中止すれば自然に改善すると報告されています。これからの子作りを考えている方は、一旦服用をやめて完全に体から薬の成分が抜けるまでの最低1ヶ月から数ヶ月間、空けた方がより安全性が高まります。
―4:胎児への影響―フィナステリドはホルモンバランスを乱す恐れがあるので、女性と子供には使用はもちろん、触れさせてもいけません。特に妊婦の場合は胎児への影響も懸念され、フィナステリドの服用は厳禁です。
薬に触れるだけで皮膚から吸収されることを「経皮吸収」と云います。普通、錠剤はコーティングされていますが、万一、錠剤が割れた破片や粉末の状態では経皮吸収される危険性が高まります。AGA治療薬の取り扱いには十分注意することが肝心です。

副作用②:うつ症状を引き起こす。
うつ症状の発症率は1%程度と非常に少ないものですが、男性ホルモンの減少によって、気分が沈んだりすることがあります。服用することで、「深く気分が落ち込んだり、イライラが増える」などの気持ちの変化が現れたら、専門医師に相談しましょう。

副作用③:肝機能への影響
日常の肝機能に影響が出易い体質の方には副作用も心配されるので、体調面に配慮しながら服用するよう心掛けましょう。

【フィナステリドの副作用と発症率】

症状

発症率

性欲減退

1.8%

勃起機能低下

1.3%

肝機能障害

不明

うつ

1.0%

精子減少

1.1%

・AGA遺伝子検査キット
AGA遺伝子検査は病院だけでなく、市販の検査キットを使って自宅で簡単に検査できます。自宅で検査したければ、インターネット通販でパソコンやスマホンから購入が可能です。検査キットの種類によれば、ドラッグストアや代理店でも販売されているものがあります。ただ、店舗での購入でも検査する時には、インターネットで住所や性別などの基本的個人情報の登録が必要となる場合が多いでしょう。

【購入から結果までの流れ】
① キットが自宅に届く
インターネットで申し込んで数日すればキットが郵送されて来ます。開封したら内容物を確認しましょう。

② 必要な物に目を通す
取り扱い説明書と共に、検査同意書にサインしましょう。

③ 検体の採取
一般的な市販のキットには「スワブ式」と「唾液式」があり、血液や唾液、粘膜などで調べますが、結果に違いは起こりません。

【スワブ式の検査手順】
1-綿棒で口腔内の粘膜をこすり取る検査なので、口腔内が不潔では検査結果に影響が出るかもしれないので、検査前にうがいをして口腔内を清潔にしましょう。
2-検査用綿棒で、頬の内側を数回こすりましょう。
3-綿棒を元のケースに戻しましょう。この時綿棒が他のものに触れて、検査結果に影響が出ないように注意してください。

【唾液式の検査手順】
1-唾液に不純物が混じらないよう検査前は食べ物を口にしない、口紅などの化粧もしないようにしましょう。清潔を保つためにも、うがいをしてください。
2-検査チューブの目盛り線まで唾液を垂らして入れてください。
3-採取したら容器のふたをすると、内に保存液が出てくるのが一般的です。

④ 返送
採取済みのケースやチューブと同意書を返信用封筒に入れてサービス会社へ返送します。

⑤ 完了通知
一般的に返送して数週間~1ヶ月程度で検査結果が届きます。基本的には郵送されますが、インターネット上で確認出来る会社もあるようです。検査結果には個人情報が記載されているので、取り扱いには注意が必要です。

検査費用はいくら?

 AGA遺伝子検査はクリニックだけでなく、郵送の検査キットを使っても受けられます。一生変わることのない遺伝子ですから、一度だけ受ければ良い検査です。でも金額や信頼性、その活用度を考えると、どこを受けるのが良いか、いろいろ迷ってしまいますね。そんなあなたの参考になればと願っています。
 遺伝子検査は決して安いものではありません。保険が効かない実費料金ですから、受ける処によって金額は異なります。クリニックより自宅で出来る郵送型のキットの方が安いから良いと思い勝ちですが、クリニックの検査後はその結果から治療方針を判断できます。以後のことを考えると、クリニックの方がスムーズに進むかもしれませんよ。

【主なクリニックの遺伝子検査費用例】

クリニック名

初診料

遺伝子検査費用

合計(税込)

メンズヘルスクリニック東京

5,400円

20,500円

25,920円

AGAルネッサンスクリニック

無料

20,088円

20088円

銀座総合美容クリニック

3,240円

19,440円

22,680円

ゴリラクリニック

0円

30,000円

30,000円

【遺伝子検査キット例】

名称

検査方法

価格

運営会社

AGAドッグ

スワブ式

12,960円(税込)

㈱イー・ケイ・コム

AGA遺伝子検査キット

スワブ式

16,200円(税込)

アンファー㈱

MYCODE

唾液式

29,800円(税込)

㈱DeNAライフサイエンス

・遺伝子検査の注意点:
AGA遺伝子検査の精度は100%ではありません、AGAのリスクが低いと判定結果が出たにもかかわらず、AGAを発症してしまう場合もありえます。気を緩めて食生活や生活習慣が乱れると、体全体のバランスが崩れ頭皮もその影響を受けてしまいます。CAGやGGCのリピート数とAGAとの相関関係自体を疑問視する声もあります。完全に研究結果が確立されているわけではないので、参考程度にする方がよいかもしれません。

よくある質問Q&A

Q-1:遺伝子検査はいつ受けるのが良いの?

A-1:遺伝子情報は一生変わることはないから、いつ検査を受けても同じ結果が出ますよ。薄毛を進行させないためには、早期発見、治療が必要ですから、薄毛が気になる方、将来AGAにならないか不安なあなた、早めの検査を受けましょう。ただ、フィナステリドの服用は未成年者・女性に禁じられているので、その場合は、別の治療法を提案することになります。

Q-2:遺伝子検査には時間がかかるの?

A-2:口内粘膜から採取するので、時間をかけずに手軽に検査できます。また、単独の遺伝子検査でなくCAG・GGCの両方を検査することで、より正確なデータを導きだせます。

Q-3:遺伝子検査の結果は、どのくらいで判るの?

A-3:約1ヶ月かかります。

いかがでしたか、
AGA遺伝子検査で、自身がAGAを発症し易いかどうかを事前に知っていれば、その後の対処も変わってきますよね。
是非、参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。