女性

びまん性脱毛症の治療費は?女性の薄毛完治までの費用まとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 費用が気になり、薄毛治療に踏み切れない女性も多いようです。女性は男性と、薄毛の症状が異なる場合が多いです。男性に多く現れる「AGA(男性型脱毛症)」と女性に多く現れる「びまん性脱毛症」は薄毛症状が違い、治療方法が異なります。女性の薄毛治療ではどの程度の治療費用と治療期間が必要なのでしょうか。そこで今回は、びまん性脱毛症の治療費用について紹介します。女性の薄毛完治までにはどれくらいの治療費用が必要なのでしょうか。

頭髪専門クリニックの診療方針

 治療には保険が適用できる「保険診療」と、国民健康保険が適用されない「自由診療」の2種類あります。薄毛治療は保険診療と自由診療、どちらに分類されるのでしょうか。

頭髪専門クリニックは保険診療と自由診療どっちなの?

 病院での治療には国民健康保険が適用できる「保険診療」と、国民健康保険が適用外の「自由診療」の2種類があります。それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

保険診療の特徴
・国民健康保険に加入している方が対象
・治療費用の約7割を国が負担してくれる
・一般的な皮膚科での治療が保険診療にあたる

自由診療の特徴
・治療費用を全額自己負担
・日本で承認されていない治療を行える
・頭髪専門クリニックの治療が自由診療にあたる

保険診療では国民健康保険に加入していることが条件で、尚且つ「国が承認している治療法」でなければ治療費用を負担してくれません。自由診療は治療費用を全額自己負担する必要があります。その代わり、海外の最新治療を受けることが可能です。頭髪専門クリニックでの治療が自由診療にあたります。一般的な皮膚科で薄毛治療をしている方も沢山いますが、結果が出るまで時間がかかる場合が多いようです。良心的な毛髪専門クリニックでは、自由診療の価格を抑えてくれて、一般的な皮膚科よりも比較的はやく薄毛を改善することが可能です。それでは、専門的な治療を行ってくれる毛髪専門クリニックの女性の薄毛治療費用はどれくらいかかるのでしょうか。

女性の薄毛治療費用の相場

 女性特有の薄毛症状の1つが「びまん性脱毛症」です。治療費用が気になり、なかなか頭髪専門クリニックでの治療に踏み切れない女性が多いようです。しかし、自由診療といっても、良心的な頭髪専門クリニックでは、安全で安価な料金プランを用意しています。びまん性脱毛症を頭髪専門クリニックで治療するにはどれくらいの治療費用が必要なのでしょうか。女性の薄毛治療費用の相場を紹介します。

びまん性脱毛症の完治までの治療費用相場!

 びまん性脱毛症は進行性の薄毛なので、継続して治療を行うケースが一般的です。良心的な頭髪専門クリニックでは、患者さんの負担をなるべく少なくするために、多剤処方から治療を開始することが多いです。多剤処方でびまん性脱毛症を治療するにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。以下に多剤処方でびまん性脱毛症を治療する際に必要となる費用を示します。

多剤処方
5,000円(検査費) + 10,000円(薬代) =15,000円(1カ月)

完治までに必要となる治療費用
15,000円 × 6カ月 = 6万円~7万円

びまん性脱毛症の治療には発毛サイクルを整える「パントガール」や頭皮環境を改善する「ミノキシジル」などを使用して、治療を進めます。これらのお薬は決して高いものではありません。びまん性脱毛症の症状が軽い方は、治療期間も短くて済む場合があります。頭髪専門クリニックの治療方針によって、びまん性脱毛症の治療費用にも差が生じるので、以上で示した金額はあくまで目安にしてください。

オーダーメイド処方の治療費用相場

 患者さんの症状によっては、医師が特別に薬を調合する「オーダーメイド処方」という治療を行う場合もあります。オーダーメイド処方は医師が患者さんの体質などを調べてから調合して、処方するので、とても安全で発毛効果が得やすいと今人気の治療法です。しかし、オーダーメイド処方でびまん性脱毛症を治療する際は費用が高くなるケースがあります。以下にオーダーメイド処方の治療費用の目安を示します。

多剤処方 + オーダーメイド処方
5,000円(検査費) + 10,000円(薬代) =15,000円(1カ月)

オーダーメイド処方:1回15,000円~23,000円

オーダーメイド処方の費用は調合するお薬の内容によって異なってきます。良心的な頭髪専門クリニックでは1回15,000円程度からオーダーメイド処方を行っています。オーダーメイド処方は患者さんの症状を見ながら進めるので、具体的な処方回数も決まっていません。患者さんの症状とご要望などを聞いて取り入れる治療法です。強引に費用の高い治療を進めてくる頭髪専門クリニックは要注意ですね。

分娩後脱毛症の治療費用相場

 出産後によくおきる「分娩後脱毛症」で悩んでいる女性の方も大勢います。頭髪専門クリニックでは分娩後脱毛症の治療も比較的安価で受けることが可能です。分娩後脱毛症では「パントガール」というホルモンバランスを整えるお薬で治療するのが一般的です。パントガールを使用した治療費用目安を紹介します。

パントガールでの治療
5,000円(検査費) + 8,000円(薬代) =13,000円(1カ月)

完治までに必要となる治療費用目安
13,000円 × 3カ月 = 3万円~4万円

分娩後脱毛症は自然と改善する方もいますが、薄毛が悪化するケースも沢山あり、女性の薄毛の悩みの1つです。分娩後脱毛症もびまん性脱毛症と同じく早期に治療を開始したほうが、完治までの費用を抑えることが可能です。具体的な費用を知るためには実際にカウンセリングで見積もりを取ったほうがよいでしょう。

無料カウンセリングで治療費用を見積もる

 びまん性脱毛症を頭髪専門クリニックで治療する場合は、無料カウンセリングで治療費用の見積もりを出すようにしてみてください。なぜなら、頭髪専門クリニックで行うカウンセリングには治療費用に関する悩みも含まれているからです。料金体系が柔軟なクリニックでは、治療方針も柔軟な傾向にあります。最初に医師と相談して治療方針を決めて、費用を支払ったが、治療できずに終わったという方も多くいます。同じクリニックからは最低3パターン程度の治療プランの見積もりを出しておくとよいでしょう。

実績のある頭髪専門クリニックの料金体系をチェック!

 女性の薄毛治療費用は、ネットの口コミを参考にして、実際に足を運んで何カ所か、見積もりを出したほうが、よいでしょう。ネットの情報が古く、実際の治療費用が異なる場合もあります。無料カウンセリングは治療方法と費用をとことん話し合って、納得のいく頭髪専門クリニックで治療を受けたほうが理想的でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。