AGAクリニ

AGAオーダーメイド処方とは?メリットは?すぐ効果が出る理由を専門医が解説

加藤ドクター
加藤ドクター

薄毛の症状を治療するには、AGA治療クリニックの医師に治療してもらうことが一番の近道です。

と言っても、AGAの症状は患者によって全く異なります。

それで、患者の頭皮・頭髪・毛根・体質に合った治療プロセスが必要です。

かなりの程度進行しているAGA症状で、単剤療法では効き目がない場合、多くのクリニックでオーダーメイド処方が勧められます。

今回はAGA治療専門クリニックで行われるオーダーメイド処方についてご紹介します。

この記事は大阪AGA加藤クリニック加藤健太郎医師の監修で制作されています。

関西随一のAGA治療専門医院 大阪AGA加藤クリニックに無料で問合せできる公式LINEアカウントに気軽に友達登録してください。

通院予約もLINEで

AGA治療のオーダーメイド処方とは?

いつでも気軽に相談できる大阪AGA加藤クリニックのオンライン薄毛診療案内はこちらです。

オンライン診療

オーダーメイド処方は、フィナステリドプロペシア)を服用しても思うように改善効果が出ない薄毛患者さんのために、体質に合わせてお薬を調合する方法です。

AGA治療の中では比較的患者さんへの負担が少なく、また効果も期待できる人気の治療方法です。

一般の皮膚科や美容皮膚科では、一般的な内服薬が効かなかった場合に、さらに踏み込んだ治療プランを持っていません。

その点、AGA治療クリニックでは薬の服用効果が現れない場合、患者さんの体質に適した治療法に変更します。

オーダーメイド処方薬には何が入っている?

多くのオーダーメイドAGA処方薬には、フィナステリドだけでなく、発毛薬であるミノキシジルや亜鉛やビタミン、ミネラル、アミノ酸を配合します。

一般的な皮膚科での薄毛治療には、あまりミノキシジルを用いることはありません。

ミノキシジルは効果が高い反面、副作用のリスクも高いので取り扱いが難しいからです。

AGAクリニックでは、副作用のリスクを考慮して、患者の体調に合わせてミノキシジルが用いられます。

髪の毛が作られる過程で大切な働きをする亜鉛が十分に補給されないと、細胞分裂が行われず毛髪が成長しません。

また、大部分をたんぱく質で占める毛髪ですが、そのたんぱく質の合成にも亜鉛は重要な役割を果たします。

オーダーメイドAGA処方薬は、患者さんそれぞれに配合を変えて、一つのカプセルにまとめられています。

どのくらいで効果が出始める?

個人差はありますが、ほとんどの患者さんはオーダーメイド処方での治療開始から2~3カ月で髪が生えて来ます。

そして、1年ほどで治療薬を減らすことを検討する場合が多いです。

オーダーメイド処方の費用

オーダーメイド処方の費用は、1カ月で25,000円~35,000円で処方しているAGA頭髪治療専門クリニックが多いようです。

薬に配合されている成分によって、またクリニックによって上下します。

AGA治療の費用相場、費用を抑えるコツについて以下の記事で詳しく説明しています。

オーダーメイド処方のメリットとは?

オーダーメイド処方のメリットは、次のとおりです。

  • 患者さんの基礎疾患に対応できる
  • 健康状態に配慮した調合が可能
  • 薄毛の進行具合と脱毛の量に合わせて処方できる

患者さんの基礎疾患に対応できる

オーダーメイド処方では、患者さんの基礎疾患に応じて組み合わせて内服指導できます。

医師が患者さんの基礎疾患なども考慮したうえで処方するので、安心して服用可能です。

健康状態に配慮した調合が可能

オーダーメイド処方では、医師が定期的に患者さんの健康状態を確認しながら薬の種類や量を調整します。

ですから、他のAGA治療薬よりも体調が悪化する危険性は大幅に低くなります。

薄毛の進行具合と脱毛の量に合わせて処方できる

オーダーメイド処方では薄毛の進行具合に合わせて、医師が随時薬の成分や量を変更していきます。

本人の希望に沿って、自然な速度で緩やかに状態を改善させることも可能です。

オーダーメイド処方でも改善しない場合は?

内服薬による単剤処方、オーダーメイド処方と進んで、それでも薄毛症状に改善が見られない場合は、以下の療法が必要かもしれません。

AGAメソセラピー

自毛植毛

AGAメソセラピー

AGAメソセラピーとは、頭皮に発毛成長因子(グロースファクター)を注入する施術で、AGA改善が期待できます。

注入と云っても、針を使わない「ノーニードルメソセラピー」と云う特殊な機器を用います。

ノーニードルメソセラピーで真皮の毛根層に発毛成長因子を浸透させます。

痛みを感じることもなく、施術も短時間(10分~15分程度)で済みます。

ただし、1回あたりの料金は50,000~80,000円費用が高いのはデメリットです。

クリニックなどでは、内服薬の処方と育毛メソセラピーを併用することが多いようです。

メソセラピーの費用については以下の記事で詳しく説明しています。

自毛植毛

自毛植毛は自分の髪の毛(主に後頭部)を薄毛の部分に移植する施術です。

一時的に髪の毛を増やすことは可能ですが、完全に髪の毛が定着するとは限らず、患者さんの体にとっては負担がかかる治療法です。

移植できる髪の毛の量には限界がありますし、移植後の髪の毛が必ずしも定着するとは限りません。

自毛植毛1,000本が90万円~100万円と費用が高いのもデメリットです。

自毛植毛はAGA治療専門クリニックの医師の技量によって、結果が大きく左右します。

医師の実績と技術力を把握する必要があります。

自毛植毛の種類比較、治療の内容については以下の記事で詳しく説明しています。

AGAクリニックはオーダーメイド処方の実績で選ぶ

オンライン診療費用大阪AGA加藤クリニックのオンライン診療であれば、診察料無料でスマホから診療可能です。

一般皮膚科では皮膚病の治療を、美容皮膚科ではお肌全般の美容のための治療が目的です。

どちらのクリニックでもAGAの治療を行っていますが、精神的ケアやAGA以外の脱毛症では対応できません。

AGA頭髪治療専門クリニック選びで迷っているなら、患者さんの体に負担が少ない「オーダーメイド処方」の実績を判断材料にしてください。

いかがでしたか、 薄毛の悩みは個人によって様々ですが、オーダーメイド処方なら、あなたの体質にピッタリ合ったお薬を調整してくれますよ。 是非、参考にして見てください。