最新ニュー

親の理解と生活環境が重要!?子供の薄毛の原因と対策!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 大人が薄毛で悩んでいるように、子供の薄毛も深刻な問題です。大人は薄毛で困ったら、自分で頭髪専門クリニックに行くことができます。しかし、小さな子供が自分で薄毛問題を解決するのはとても困難なことです。子供の薄毛症状も沢山あり、親が子供の薄毛の原因を判断するのは危険な行為です。そこで今回は子供の薄毛の原因と対策について紹介します。子供の薄毛を改善するには何が重要になるのでしょうか。

子供の先天性薄毛の原因と症状

 子供の薄毛には様々なケースがあります。親が子供の薄毛の原因を見極めるのはとても困難でしょう。子供の薄毛には先天性によるものと、生活環境が影響する後天性の2種類に分類することができます。先天性の薄毛と後天性の薄毛にはどのような違いがあるのでしょうか。

先天性による薄毛症状

 先天的に薄毛の症状が現れることがあります。先天性の薄毛の症状を以下に示します。

・先天性乏毛症
・先天性無毛症

先天性の薄毛には、生まれつき毛根がない場合があります。頭部の一部の毛根がない薄毛を「先天性乏毛症」と呼びます。頭部全体と体の毛根がない場合を「先天性無毛症」と呼びます。また、先天性の薄毛の場合、他の体の発育にも問題が生じることがあります。

先天性薄毛と発育障害

 先天性による毛根がない無毛症を抱えている子供は、薄毛以外の発育障害になる可能性があります。以下に無毛症と一緒に起こりえる発育障害を示します。

・爪の発育障害
・無汗腺障害
・歯牙形成不全

全身の先天性無毛症の場合、爪や歯の発育障害の可能性があります。薄毛と同様に重大な問題です。この先天性の薄毛症状の原因は何なのでしょうか。

先天性薄毛の原因

 先天性の薄毛の明確な原因はまだ解明されていないのが現状です。以下に先天性の薄毛の原因と考えられている要因を示します。

・遺伝的要素
・放射線による影響

先天性の薄毛は遺伝的要素による影響が大きいと考えられています。近年研究が進み、薄毛の遺伝的要素の因果関係も解明されつつあるようです。また、放射線の影響により先天性の薄毛が発症するリスクもあります。現代の医療では子供の先天性の薄毛を防ぐことは難しいです。

子供の後天性薄毛の症状と原因

 先天性の薄毛を未然に防ぐことは困難ですが、後天性の薄毛は対処法があります。後天性の薄毛は何が原因で、どのような薄毛症状が発症するのでしょうか。

0歳児から5歳児の薄毛の症状

 0歳児から5歳児まで、産毛のような状態が続くケースがほとんどです。5歳児程度までに髪の毛が生え変わる「毛周期」が安定してきます。ですので、5歳児までは産毛のような薄毛が続いてもそれほど心配することはありません。6歳児になっても頭皮がみえ、産毛のような状態が続いている場合は先天性の薄毛症状の可能性があるので、頭髪専門クリニックに相談したほうがよいでしょう。

小学生から高校生までの薄毛の症状

 小学生から高校生までの成長期に起きる薄毛症状の代表例が「円形脱毛症」です。子供の場合は「ストレスによる自己免疫疾患」が円形脱毛症の主な原因です。円形脱毛症はアトピー体質の子供にもよく起きる薄毛症状です。以下に円形脱毛症の主な症状を示します。

単発型

 頭部の一部に十円玉程度の範囲の円形、もしくは楕円形の脱毛がおきる症状。他人から指摘されて気づく場合が多いです。自己治癒で治るケースもあります。

多発型

 頭部に2カ所以上単発型の脱毛が現れる症状。自己治癒での薄毛の改善には時間がかかる場合が多いです。

多発融合型

 単発型の脱毛が重なりあい、脱毛部分の範囲が広くなる症状です。多発融合型になると自己治癒での薄毛改善は非常に困難になるでしょう。

蛇行型

 後頭部と側頭部の生え際から脱毛が起きる症状です。脱毛して頭皮が見えている部分が、蛇が蛇行しているように見えるので蛇行型と言われています。多発型や多発融合型が悪化することで蛇行型になる可能性があります。蛇行型になると自己治癒での薄毛改善は非常に困難になります。

全頭型

 頭部全部の毛髪が脱毛する症状です。多発型や多発融合型を放置して置くと全頭型までに悪化する可能性が高まります。全頭型の治療には最低でも半年から1年の時間がかかります。

汎発型

 頭部と頭部以外の毛が脱毛する症状です。眉毛や脇毛なども脱毛する場合があります。全頭型同様に、治療には1年ほどかかることが多いです。

二十歳前後の薄毛の症状

 二十歳前後の薄毛症状は円形脱毛症以外の可能性も出てきます。二十歳になって晴れてお酒が飲めるようになると、一気にAGA(男性型脱毛症)のリスクが高まります。大学のサークルや職場でお酒を進められる場面が増えてきます。また喫煙をする人も増えてきます。飲酒や喫煙をすると、二十歳前後で地肌が見えてくるケースもあります。高校を卒業したら、AGAのリスクも考慮する必要がありそうですね。将来薄毛になるか心配な方は、早いうちに頭髪専門クリニックで遺伝子検査を受けることをおすすめします。

 大人は自分で薄毛問題を解決することができますが、子供は自分で薄毛を改善することができませんよね。親が子供の薄毛をきちんとフォローする必要があります。親はどのような点に気を付ければよいのでしょうか。

親ができる子供の薄毛対処方法

 子供のストレス問題は過酷なものです。真面目でおとなしい子供ほど、ストレスを抱え込み、円形脱毛症を発症する可能性が高まります。そこで、子供の薄毛対策を紹介します。

親が取り乱さないこと!

 自分の子供が円形脱毛症になった時に「いじめでも受けているの!?」「なにか重大な病気になったのかもしれない!」このように親が子供の前で不安な言動や態度を示すと、子供の精神的不安も増加する一方です。子供にとって親が唯一の頼みの綱なので、どっしりと構えて、子供を安心させてあげるような言葉をかけてみてください。親の取り乱した行動で、子供のストレスが大きくなる場合があるので注意が必要です。

子供を日々観察する

 親が取り乱さないためにも、日々子供の生活態度を観察する必要があります。子供が親にいじめを告白するのはなかなか困難なことです。親が子供の精神状態をある程度見抜けるようにならなければなりません。子供の食事の量や睡眠時間をチェックしてみましょう。また、枕に落ちている抜け毛の量も確認したほうがよいでしょう。

学校の担任の先生に相談

 円形脱毛症が発症した状態で子供を学校に送るのは親としては心苦しいですよね。子供が円形脱毛症になった際は、学校の先生に相談してみることをおすすめします。重度の円形脱毛症の場合はニット帽をかぶって通学してよいか交渉してもよいでしょう。子供がいじめの対象になっているか確認するのも大事ですね。

女の子はダイエットをさせない

 女の子はダイエットをしないようにしましょう。中高生になると、女子は体系を気にするようになり、朝ごはんを抜いたり、お昼ご飯を残したりして、無理なダイエットを行うケースが増えてきます。成長期に食事を抜いたダイエットを行うと、成長ホルモンが正常に分泌されない危険性が高まります。過度なダイエットは円形脱毛症の引き金となりますので親が十分注意するようにしましょう。

市販の育毛剤は使用しない

 子供の薄毛が目立ってきたからといって、ドラッグストアなどで販売している育毛剤を子供に使用するのは危険な行為です。アレルギー体質の子供に、大人用の育毛剤を使用することで薄毛が悪化して、最悪重大な健康被害をまねく可能性があります。市販の育毛剤を使用する前に頭髪専門クリニックに相談するようにしましょう。

カウンセリングを受ける

 子供の薄毛問題では、親も深刻に考えてしまうケースが多いです。子供と親の不安を取り除くためには、頭髪専門クリニックのカウンセラーに相談するのがよいでしょう。子供の薄毛問題は家族だけで解決するのはとても大変です。親のストレスも解消も子供の薄毛問題には大切なことです。

子供の生活習慣を改善する方法

 ネットやゲーム機が身近にある環境で、子供が規則正しい生活を送るのは難しいですよね。そこで、子供の生活習慣を改善する方法を紹介します。

ゲームは早めに終わらせる

 子供にゲームをやめろというのは難しいです。ゲームができないということがストレスになり薄毛につながる可能性もあります。ゲーム機からは覚醒効果のあるブルーライトが発せられています。質の良い睡眠をとるには就寝前1時間はテレビゲームを避けたほうがよいでしょう。ゲームを早めに終わらせるように子供と話し合ったほうがよいでしょう。

バランスの良い食生活

 成長期の子供にはバランスの良い食生活がとても重要になります。これは大人にも言えることですよね。子供と一緒に栄養バランスのよい食事をとることをおすすめします。以下におすすめの食材を紹介します。

・緑黄色野菜
・大豆製品
・乳製品
・魚

健康な毛髪を育てる「ビタミン」や「たんぱく質」が多く含まれている食材を積極的に摂取するようにしましょう。コンビニ弁当やファストフードなどは避け、毎日きちんと朝食を食べることをおすすめします。親がお手本となり、子供が苦手な野菜を食べるようにしましょう。

休日は子供と一緒に体を動かそう

 平成11年の文部科学省の調べでは現代の子供のテレビ・テレビゲームの時間は平均3時間となっています。ゲームの時間が増えるにつれて、運動する時間が減少しています。休日は終日ゲームをしているお子さんも少なくありません。運動不足を解消するために休日は子供と一緒に買い物に出かけたり、公園でキャッチボールしたりするのもおすすめです。いつもとは違う環境で心身ともにリフレッシュできるでしょう。

子供の薄毛問題は頭髪専門クリニックに相談!

 子供の薄毛問題は親も慎重にならなければなりません。真面目でおとなしい子供ほど、勉強や友人関係でストレスを抱え込んでいる場合があります。子供の薄毛が深刻な状態になる前に、実績のある頭髪専門クリニックに相談することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。