治療方法

若い時に心がけておくべき男性型脱毛症の対策とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

AGA(男性型脱毛症)の症状で悩む若い男性が増えています。
10代~30代前半に発症する薄毛を「若年性脱毛症」と呼びます。AGAの症状は一般的に40代に入ってから発症する場合が多いですが、最近は年齢に関係なくAGAの症状が現れるようになりました。
10代や20代の若い方の若年性脱毛症は一体何が原因なのでしょうか?

「若年性脱毛症」も悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」が関わっていると考えられています。
また、若年性脱毛症は男性だけではなく、若い女性の方にも症状が現れます。男女問わず、薄毛の症状で悩んでいる若い方が増えているのです。

薄毛の症状が出ても、AGA頭髪治療専門クリニックで本格的な治療に踏み切れず、体質に合わないヘアケア製品を使用したことで、薄毛の症状が悪化する方も多いのではないでしょうか。
しかし、ご安心ください。若年性脱毛症は、AGA頭髪治療専門クリニックの医師に相談することで、早期治療が可能です。
そこで今回は、若年性脱毛症の原因と対策方法をご紹介いたします。

若い男性

若年性脱毛症にはどのような症状があるの?

男性と女性とでは、若年性脱毛症の症状に違いがあります。

女性の若年性脱毛症の特徴

女性薄毛

10代~30代の女性の若年性脱毛症の特徴は、毛量・毛の本数は足りているのに、1本1本の髪の毛が痩せて細くなり、髪の毛の全体のボリュームがなくなります。女性の若年性脱毛症は、頭頂部から薄毛の進行が進む場合が多いようです。
そこで、10代~30代の女性の若年性脱毛症の症状の割合は、下記のとおりです。

若年性脱毛症の症状 10代~30代の割合
髪の毛全体のボリュームがなくなる 40~50%
頭頂部から薄毛が進行する 20~30%
額の左右の生え際から薄毛が進行する 15%前後
額の中央の生え際から薄毛が進行する 15~30%

10代~20代の女性の40%~50%が髪の毛のボリュームがなくなっていると感じているといったデータがあります。
では、男性の若年性脱毛症はどのように薄毛が進行するのでしょうか

男性の若年性脱毛症の特徴

男性薄毛

ある若年層への薄毛の調査結果によると、男性の若年性脱毛症は、額の左右の生え際(「M字」と呼びます)から薄毛が進行する場合が50%以上を占めるようです。
10代~30代の若年性脱毛症の症状と割合は大体以下のような割合になっています。

若年性脱毛症の症状 10代~30代の割合
額の左右の生え際から薄毛が進行する 40~50%
額の中央の生え際から薄毛が進行する 20~30%前後
頭頂部から薄毛が進行する 35%前後
髪の毛全体のボリュームがなくなる 20%前後

男性の若年性脱毛症では額の左右(M字部分)または、額の中央から薄毛が進行する場合が多いようです。こうした若年性脱毛症の原因は、一体何なのでしょうか?

びまん性脱毛症の原因は何?

びまん性脱毛症になる原因も、男性と女性とでは少し異なります。まずは、男女別の若年性脱毛症の原因をご紹介します。

女性の若年性脱毛症はホルモンバランスの乱れが原因!?

10代~20代の若い女性の若年性脱毛症の主な原因は、ホルモンバランスの乱れだと考えられています。
ホルモンバランスが乱れる原因は、主に次のとおりです。

  • 食事を抜いた過度なダイエット
  • 人間関係からくるストレス
  • 睡眠不足
  • 疲労
  • 発熱、感染症、リウマチ
  • 甲状腺疾患などの代謝異常
  • 貧血
  • 妊娠および授乳期
  • アルコール依存症
  • 薬物服用

若い女性の場合は、食事を抜いた過度なダイエットや、人間関係からくるストレスがホルモンバランスを崩す乱れの原因となり、若年性脱毛症の引き金となる場合が多いようです。

男性の若年性脱毛症は生活習慣の乱れが原因?

女性の若年性脱毛症はホルモンバランスの乱れが主な原因です。
そして、男性の若年性脱毛症の多くは、生活習慣の乱れからくる悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の増加と、間違ったヘアケアが原因です。
では、男性の若年性脱毛症の主な原因となる「生活習慣の乱れ」には、どんなものがあるかというと……。

  • 栄養バランスの悪い食生活
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • ストレス
  • 間違ったヘアケア

栄養バランスの悪い食生活

ファーストフードファストフードは塩分が多く含まれており、高カロリーの食べ物です。しかし若い世代の多くは、安くてお手軽なファストフードを食べる生活習慣が身についています。
そのため、栄養バランスが偏った食生活となり、AGAの原因となる悪玉男ホルモン「ジヒドロテストステロン」の増加を促す結果に……。

睡眠不足

若年性脱毛症の原因の1つと考えられているのが、睡眠不足です。
男女を問わず若い世代の方たちのなかには、夜遅くまでゲームやスマートフォンを使用して、寝不足になっているケースも多いのではないでしょうか?
頭髪の成長を促す成長ホルモンは夜、眠っている間に分泌されるもの。そこで睡眠不足が続くと、成長ホルモンが正常に分泌されず、結果的に頭髪の成長も促されなくなってしまうのです。

運動不足

運動不足は大人だけではなく、若い世代の間でも社会問題となっています。
厚生労働省がまとめたデータによると、子供の運動不足の原因として挙げられています。

  • スポーツや外遊びの時間の減少
  • スポーツや外遊びの空間の減少
  • スポーツや外遊びの仲間の減少
    ※厚生労働省ホームページより

厚生労働省は、子供の運動不足は「時間」と「空間」、「仲間」の減少が原因だと発表しています。
少子高齢化が進み、兄弟がいない子供が増えるにつれ、外で遊ぶ相手が減少して、テレビゲームなど室内で遊ぶ子供が多くなった、ということです。

ストレス

ストレスストレスも若年性脱毛症の大きな要因だと考えられています。人間関係や仕事からくるストレスによって、体調を崩す若い方が多く見受けられます。

10代でも、受験勉強や家庭内の人間関係が原因でストレスを抱えてしまい、薄毛が進行する場合は多いようです。
いまやストレスは大人だけの問題だけではない、ということですね。

間違ったヘアケア

体質や薄毛の症状に適さないヘアケアも若年性脱毛症の原因となります。基本的に、市販の育毛剤は未成年では使用できません。
ある調査では男性女性ともに、若い世代の美容の意識が高まっているというデータが報告されています。
しかし、自身の体質に適さないヘアケア製品を継続して使用し続けることで、頭皮環境が悪化して、若年性脱毛症につながる可能性があります。

日常生活には、若年性脱毛症になる様々な危険要素が潜んでいます。若い時に上記のような生活習慣を続けることで、薄毛が進行してしまいます。
そんな「若年性脱毛症」を予防、または改善する方法はあるのでしょうか?

自分でできる若年性脱毛症予防

若年性脱毛症は、予防することができます。まずは自分でできる、若年性脱毛症の予防法・効果的な対策をご紹介しましょう。

食事の内容を見直してみましょう!

栄養バランスの偏った食生活が、若年性脱毛症の原因となります。若年性脱毛症の予防に効果的な食材としては、主に次のものが挙げられます。

  • 大豆製品
  • 乳製品
  • 海藻類
  • 鶏肉
  • 緑黄色野菜

以上で挙げた食材は髪の毛に必要な成分を多く含んでいます。それぞれどのような成分が含まれているか紹介します。

大豆製品

豆腐納豆やお豆腐など大豆製品は、和食には欠かすことのできない食材ですね。
大豆製品は髪の毛の主成分である、「タンパク質」を豊富に含んでいます。また、「イソフラボン」という成分も含まれています。
イソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン」と同じような効果があるとされています。大豆製品を摂取することで、健康的でコシのある髪の毛の成長を助けてくれるのです。

乳製品

ヨーグルト乳製品は「カルシウム」と「タンパク質」、「ビタミン」が豊富に含まれています。カルシウムやビタミンは、髪の毛の生成を促す役割があります。

乳製品の代表としてヨーグルトが挙げられます。ヨーグルトは腸内環境を整えてくれる乳酸菌も含まれており、おすすめの乳製品の1つです。

海藻類

ひじきワカメやひじきなどの海藻類からは、「ミネラル」を効果的に摂取することができます。
昔から「海藻を食べると髪の毛が生える」と言われていますが、単に食べれば髪の毛が生えてくる、というわけではありません。
しかし海藻の中に含まれているミネラルは、髪の毛を作る際のサポートをする酵素に働きかけてくれるので、摂取しておいたほうがよいでしょう。

鶏肉

「お肉」と聞くと、薄毛にはあまりよくないと感じる方もいるかもしれません。でも実は、お肉も健康的な髪の毛の生成には必要な食材です。
鶏の胸肉には、タンパク質とビタミンを多く含まれています。問題なのは、過剰な塩分や油分を使用した調理法なのです
グリルなどを使用して調理すれば、油分を抑えられ、低カロリーでおいしく鶏肉を摂取できます。

緑黄色野菜

緑黄色野菜

緑黄色野菜はビタミンを豊富に含んでいます。特に緑黄色野菜はビタミンAが豊富で、薄毛の改善効果以外にも、高血圧対策にもなる優秀な食材ですね。

食事の内容を見直して、バランス良い食生活をするように心がけましょう!

睡眠のゴールデンタイムとは?

若年性脱毛症を予防するためには、睡眠時間は最低6時間確保するようにしましょう。さらに睡眠をとる時間帯も重要になります。

睡眠
以下に若年性脱毛症の対策になる睡眠時間と時間帯を紹介します。

  • 睡眠時間は最低6時間確保する
  • 22時~2時に睡眠をとる

睡眠はできるだけ22時~2時までの間に軸を置くようにしましょう。この時間帯のことを「睡眠のゴールデンタイム」と呼びます。
この時間帯に睡眠をとることで、十分な成長ホルモンが分泌されます。若年性脱毛症を予防に効果的な対策の1つです。
若い時は、夜更かしをせずに十分な睡眠をとりましょう。

ストレス発散も重要です

ストレス発散ストレスの発散も若年性脱毛症の予防に効果的です。ストレスの発散にゲームやスマートフォンを使用するのもよいのですが、どうしても運動不足になりがちですよね。
ストレスの発散方法は人それぞれですが、体を動かすことで日常生活の運動不足も一緒に解消することができます。

また、10代の若い世代はストレスの原因を相談できる相手や、問題が起きた時にサポートしてくれる環境を整えておいてください。
家族や友人に相談しにくいことがあれば、各地方自治体の相談センターやAGA頭髪治療専門クリニックに悩みを話してみてもよいかもしれませんね。

日常生活全体を見直して、若年性脱毛症を予防しましょう。

AGA頭髪治療専門クリニックで若年性脱毛症を治療しよう!

“自分でできる”年性脱毛症の予防になる対策を紹介してきましたが、薄毛の症状が悪化してしまった場合は、AGA頭髪治療専門クリニックでの治療が必要になります。
ここからはAGA頭髪治療専門クリニックで行っている若年性脱毛症の治療内容をご紹介いたします。

無料カウンセリングで薄毛の悩みを相談できる!?

AGA頭髪治療専門クリニックでは、無料でカウンセリングを行っており、自身の薄毛の悩みをAGA頭髪治療専門クリニックの専門のカウンセラーが親身になって聞いてくれます。
若年性脱毛症の治療も他の薄毛治療と同じく、カウンセリングから開始します。

若年性脱毛症の原因を調べてから治療します

薄毛治療

若年性脱毛症は、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の増加が原因とは限りません。
自分の薄毛の原因はAGAと自己判断して、体質に適さない育毛剤を使用して、薄毛が進行する方を多く見受けられます。
若年性脱毛症を根本的に治療するためにはAGA頭髪治療専門クリニックの医師の診察をしてもらうことをおすすめします。
薄毛の原因を調べてから、効果的な治療を行うようにしましょう。

患者さんの負担が少ない治療法を行います!

若年性脱毛症は患者さんの薄毛の原因を調べてから、患者さんの体の負担が少ない治療法を試していきます。
若年性脱毛症の治療は一般的にお薬の服用から始まる場合が多いです。ジヒドロテストステロンの増加が薄毛の原因であれば、お薬の服用で改善する可能性があります。
若年性脱毛症の治療に使用されるお薬は、主に次のとおりです。

  • プロペシア
  • ミノキシジル
  • パントガール
  • ルグゼバイブ

男性の若年性脱毛症の治療ではプロペシアとミノキシジルによる投薬治療が多いですね。女性の若年性脱毛症の治療では「パントガール」というお薬を使用します。
プロペシアは悪玉男性ホルモンジヒドロテストステロンの増加を阻害してくれます。ミノキシジルは頭皮の血行促進効果があり、毛母に安定的に栄養素が届くようになります。
パントガールは女性の「びまん性脱毛症」の治療に使用され、分娩後脱毛症の治療にも使用されている、実績のあるお薬です。
ルグゼバイブも最近新しく、びまん性脱毛症治療に使用されているプラセンタ配合のお薬です。

人気のオーダーメイド処方薬がおすすめ

プロペシアやミノキシジルで、薄毛の改善の兆候が見られない場合に、患者さんの体質に合わせたオーダーメイド処方薬を使用します。
オーダーメイド処方薬は他の治療法に比べて患者さんへの体の負担が少なく、若年性脱毛症の治療にも使用されている、人気の治療法です。

1人で悩まずAGA頭髪治療専門クリニックにご相談ください

クリニック

若年性脱毛症は不規則な生活習慣が引き金になる場合が多いです。食事や睡眠時間を見直して、規則正しい生活サイクルを構築することが大事ですね。
1人で薄毛の悩みを抱え込まず、AGA頭髪治療専門クリニックに相談することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。