低血圧・性欲減退・・・AGA治療薬の副作用とその対策とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

AGA頭髪治療専門クリニックでは多くの場合、悪玉男性ホルモンを抑制する効果のある「プロペシア」や、血管拡張効果のある「ミノキシジル」などのAGA治療薬を使用して、AGA(男性型脱毛症)の治療を開始します。
AGA治療の現場では、お薬による「投薬治療」が一般的となっています。AGA頭髪治療専門クリニックの医師が、患者さんの体への負荷が少ないお薬を処方して、時間をかけて安全に治療を進めます。

しかし、優れたお薬でも必ず「副作用」があります。AGA頭髪治療専門クリニックでは、患者さんの体質に適したお薬を処方しますが、患者さん自身もAGA治療薬の副作用を理解する必要があるでしょう。
AGA治療薬の「主作用」と「副作用」を把握することで、より安全で効果的なAGA治療計画を立てることが可能になります。
AGA治療は、薄毛改善までに最低6カ月かかると言われており、治療期間中にAGA治療薬の副作用で体調を崩す患者さんも少なくありません。
そこで今回は、AGA治療薬の副作用の症状と、AGA治療薬を服用する際の注意点をご紹介いたします。

投薬

主作用と副作用の因果関係

AGA治療薬に限らず、お薬には「主作用」と「副作用」の2つの作用があります。医師はお薬を処方する際に、お薬の主作用と副作用を比較して、患者さんの負担が少ない治療薬を選択して処方します。
医師は患者さんの体質を考慮してお薬を処方しますが、主作用よりも副作用の症状が強く現れる場合もあります。
お薬の「主作用」と「副作用」にはどのような因果関係があるのでしょうか?

お薬の主作用の効果

皆さん、一度は風邪薬を飲んだことがあると思います。風邪薬は、咳を止めたり、熱を下げることが主な目的です。
このように「病気の症状を治療するための作用」が主作用となります。

お薬の副作用の効果

めまい

一般的な風薬の副作用は、日中眠くなったり、のどが渇いたりします。人によっては、下痢や、めまいを引き起こすこともあります。

このように「病気の治療とは関係のない作用」を副作用と考えてよいでしょう。

では、病気の改善とは関係のない副作用はどうして現れてしまうのでしょうか?

副作用はどうして現れるの?

病気の治療には関係のない副作用の症状はどうして起きてしまうのでしょうか?
副作用の原因は主に、次の2種類があります。

  • 薬本来の働きかけ
  • 免疫機能の異常

お薬の副作用は「薬本来の働きかけ」によるものと「免疫機能の異常」が主な原因となっているようです。

薬本来の働きかけが副作用の原因!?

服用お薬本来の働きかけが副作用の原因の1つとして挙げられます。お薬は病気の治療以外にも様々な効果があります。
1種類のお薬に複数の効果があり、その中には病気の改善効能もあれば、治療には関係のない副作用も含まれています。

副作用の内容が日常生活に支障のないものであればよいのですが、主作用が強いお薬の多くは、副作用も強く現れます。
お薬には複数の効果があり、その中で病気の治療に使用でき、副作用が比較的少ないものが治療薬としてクリニックで処方されています。

免疫機能の異常が副作用の原因になる?

もう1つの副作用の原因が「免疫機能の異常」です。身近な免疫機能の異常として「アレルギー反応」が挙げられます。
気管支喘息や花粉症、アトピー性皮膚炎がアレルギー反応の代表例です。これらのアレルギー反応の多くは、下記の物質が引き金となっています。

  • 花粉
  • ハウスダスト
  • ダニ
  • 食品(卵や小麦など)

怖いのは、病気の治療に使用するお薬がアレルギー物質となる可能性がある点です。
薬を服用する人の体質にもよりますが、お薬が原因で発疹や、皮膚疾患の症状が現れることがあります。
もちろんAGA頭髪治療専門クリニックで処方される薬にも「主作用」と「副作用」が存在しています。
AGA治療薬ではどのような副作用が現れるのでしょうか?

AGA治療薬にはどのような副作用があるの?

AGA頭髪治療専門クリニックでAGAの治療に使用されるお薬にはどのような副作用があるのでしょうか?
AGA治療薬の主作用と副作用を紹介します。

プロペシアの主作用と副作用

AGA頭髪治療専門クリニックでは「プロペシア」というお薬を使用して、治療を開始するのが一般的です。
プロペシアはAGA治療で実績のあるお薬ですが、副作用が強く現れる方も多くいます。プロペシアの副作用をしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

プロペシアの主作用

AGA(男性型脱毛症)は悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」が増加することで進行します。
ジヒドロテストステロンは、男性ホルモン「テストステロン」と「5α-リグクターゼ(5α-還元酵素)」が結びつくことで生成されます。
プロペシアの主作用は、5α-リグクターゼに働きかけ、ジヒドロテストステロンの増加を抑制することです。

プロペシアの副作用

プロペシアはAGA治療で有効な薬ですが、意外と知られていない副作用が複数報告されています。

  • 性欲減退
  • 勃起機能不全(ED)
  • 食欲減退
  • 気分障害
  • 肝機能障害

プロペシアでは以上5つの副作用が確認されています。
1つの主作用に対して、5つもの副作用が現れる可能性があるのです。このなかでも、特に性欲減退と勃起不全に不安を感じる患者さんが多いようです。
しかしプロペシアの副作用として現れるのは、性欲減退が1~1.5%未満、勃起不全が1%未満と数値としては低く、食欲減退、気分障害、肝機能障害は頻度不明というもの。
それでも下記の副作用に対して不安がある方は、必ず専門クリニックにご相談ください。

性欲

性欲減退

プロペシアを服用して精子の量が減少する可能性があります。精子の減少が原因で性欲も一緒に減退してしまうケースが多く、射精不全の症状が現れる方もいるそうです。

勃起機能不全(ED)

プロペシアは男性ホルモンに影響を与えるので、勃起機能不全や性欲減退などの症状が現れる傾向にあります。妊活中のプロペシアの服用は、医師と相談する必要があるでしょう。

食欲減退

プロペシアの服用で食欲不振を感じる方もいます。しかし現状では、プロペシアの服用と食欲減退の因果関係は解明されていません。

気分障害

プロペシアの副作用で、気分障害になる危険性もあります。体が重たくなり、気分が落ち込み「うつ状態」になったと感じる方もいます。
しかし、気分障害は様々な要因がきっかけで発症するので、プロペシアの副作用だと断定はできません。

肝機能障害

肝臓プロペシアの副作用で、一番注意が必要なのが「肝機能障害」です。性欲の減退や勃起機能不全は人命に直結するような危険性ではありませんが、肝機能障害は重大な副作用と言えます。

肝機能障害は血液検査などで調べない限り、早期発見が難しい症状です。肝機能障害が悪化すると白目の部分が黄色く変色する「黄疸」という症状が出ます。
肝臓で分解できなかった色素が白目に現れます。黄疸が出た後での肝機能の治療は困難です。プロペシアを服用する場合は、肝機能障害にも注意を払う必要があるでしょう。

ミノキシジルの主作用と副作用

プロペシアと同じく、AGA治療で効果のあるお薬「ミノキシジル」にも、AGA治療には関係のない副作用が報告されています。

ミノキシジルの主作用

ミノキシジルの主作用は「血管の拡張による育毛効果」です。血管を拡張することで、血行促進効果を得ることができ、毛母に十分な栄養素を届けることが可能となります。
プロペシアと併用して使用することで、より効果的にAGA治療を行うことができる、優秀なAGA治療薬の1つです。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルには、次のような副作用があります。

  • 低血圧
  • 不整脈
  • 性欲減退
  • 多毛症

ミノキシジルもプロペシアと同様に、複数の副作用が現れる場合があります。ミノキシジルの副作用は、プロペシアとどのような違いがあるのでしょうか?

低血圧

ミノキシジルはもともと高血圧を改善するために開発されていました。その開発途中で、薄毛改善にも効果があると確認され、AGA治療薬として使用されるようになった経緯があります。
低血圧はミノキシジル本来の主作用と言ってもよいのかもしれません。しかし、AGA治療の目的は「髪の毛の発毛」なので、低血圧はAGA治療においては副作用と考えてよいでしょう。

低血圧ただ、ミノキシジルの副作用としての低血圧は、高濃度のミノキシジルを使用した場合に起こります。高濃度のミノキシジルを使用すると、必ず血圧が下がり、脈拍が高くなるのです。

多くのAGAクリニックでは、単一濃度のミノキシジルを使って治療しているので、この副作用が起きやすいのかもしれません。

そこで患者さんの血圧の状態に合わせて、低濃度のミノキシジルで反応を見ながら薬の濃度を上げていく、というオーダーメイド処方が適しているでしょう。

不整脈

ミノキシジルは副作用として不整脈などの症状が現れることがあります。循環器系に疾患がある方は、AGA頭髪治療専門クリニック の医師に持病の説明をするように心がけることが大事ですね。

性欲減退

ミノキシジルを使用して、性欲が減退したと感じる方もいるようです。しかし、ミノキシジルと性欲減退の関係性は解明されていません。
プロペシア同様に妊活中の方は、AGA頭髪治療専門クリニックの医師に相談してから、ミノキシジルを使用するようにしたほうがよいかもしれません。

多毛症

AGA治療を受けている患者さんの半分以上は、「多毛症」を感じています。
ミノキシジルには血管を拡張する効果があり、この血管拡張の効果は体全体に影響を及ぼす場合があります。
AGA治療では髪の毛を増やすことが主な目的ですが、ミノキシジルを使用することで、髪の毛以外の体毛の育毛を促す可能性があります。

多毛

サガーロの主作用と副作用

AGA治療ではプロペシアとミノキシジルを使用することが一般的でしたが、最近は「サガーロ」というAGA治療薬を使用するAGA頭髪治療専門クリニックが増えています。
サガーロはプロペシアと同じような効果があり、5α-リグクターゼに働きかけ、ジヒドロテストステロンの生成を阻害します。
プロペシアよりもジヒドロテストステロンの生成の抑制効果が強く、AGA治療で効果が認められている優秀なお薬です。
サガーロの主な副作用には、次のものがあります。

  • 性欲減退
  • 射精障害
  • 勃起機能不全(ED)

性欲減退や勃起機能不全など、サガーロの副作用は、プロペシアの副作用と似ていますね。AGA治療薬の副作用の特徴として性欲が落ちる傾向があるようです。
妊活中の方は医師に相談して、計画的にAGA治療を行う必要があるでしょう。

AGA治療薬には様々な副作用があります。副作用の症状は個人差があるので、上記の副作用がすべて現れるというわけではありません。
しかし、いずれかの副作用が出る可能性はあるわけです。
では、このような副作用とどう向き合って、AGA治療を進めることがよいのでしょうか?

AGA治療薬を使用する際に注意することは?

お薬には少なからず副作用があり、AGA頭髪治療専門クリニックで処方されるAGA治療薬にも副作用があります。
そこで、安全にAGA治療を進めるための注意点をご紹介します。

個人輸入のAGA治療薬にご注意ください!

ネット購入インターネットが普及した現在、海外のAGA治療薬を簡単に手に入れることができるようになりました。
もちろん、海外のAGA治療薬がすべて危険なわけではありません。何より、体質に適さないAGA治療薬を使用することが重大な問題なのです

AGA治療では一般的にAGA頭髪治療専門クリニックで体質を調べてもらってから、医師が患者さんの薄毛の症状や体調を考慮して、AGA治療薬を処方します。
個人輸入のお薬が、自分の体質や薄毛の症状に適しているか自己判断することはできませんよね?
個人輸入のAGA治療薬を使用する際は、次の点にご注意ください。

  • 個人輸入の薬を服用した際の副作用や健康被害は自己責任
  • 個人輸入で体調を崩した場合の治療が困難
  • AGA頭髪治療専門クリニックでの治療に支障をきたす場合がある

AGA頭髪治療専門クリニックでのAGA治療では、定期検診を行い、患者さんの体調や頭皮の状態を確認しながら安全に治療を進めます。
危険な海外のAGA治療薬を使用することで、重大な健康被害を招く恐れがあります。AGA治療薬を服用する際は、AGA頭髪治療専門クリニックの医師のもとで、慎重に治療を行うようにしましょう。
医薬品の個人輸入の詳細は下記、厚生労働省のホームページを参照ください。

医師にお薬手帳を提示しましょう

AGA治療薬は他のお薬との飲み合わせが合わない場合があるので、AGA頭髪治療専門クリニックで治療する際は、医師にお薬手帳を提示して、お薬の飲み合わせを確認するように心がけましょう。

副作用の自己判断は危険です!

AGA治療薬を服用した際に体調が悪化した場合は、すぐにAGA頭髪治療専門クリニック、もしくは、かかりつけの病院に受診するようにしましょう。
体調を崩しても「AGA治療薬の副作用だから大丈夫だろう!」と、自己判断することはとても危険です。
AGA治療薬の副作用以外の疾患で体調を崩している可能性があります。体調が悪化した際は、すぐ医師に相談するようにしましょう。

クリニック

AGA頭髪治療専門クリニックで安全な治療を!

AGA治療薬にも主作用と副作用がありますが、AGA治療薬自体が危険というわけではありません。自身の体質とAGAの症状に適したお薬で、治療を進めることが大事だということです。
体質に合わない危険な薬に手を出さず、AGA頭髪治療専門クリニックで、安全で計画的なAGA治療を行うようにしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。