AGA治療薬と育毛剤の違いとは? 市販の育毛剤は効果があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近、ドラッグストアやインターネットなどで、簡単に育毛剤を入手することが可能になりましたね。
市販の育毛剤は「医薬部外品」に分類されています。医薬部外品は、厚生労働省が病気の予防や改善に効果がある成分を一定量含んだもので、基本的に医師の処方箋が必要ありません。
市販の育毛剤は、医師の処方箋が必要ないので、自己判断で気軽に使用する方が増加しているようです。

AGA治療に限らず、病気の症状が出た際に自己判断で、間違った処置を行い、人命にかかわる事態に陥る方が増えています。
人気お笑いトリオ「安田大サーカス」の「HIRO」さんも、自身では風邪だと思って病院に受診して、精密検査をした結果「脳出血」が発覚し、すぐに入院する事態になりました。
AGA治療においても、薄毛の症状を自己判断して、体質に合わない育毛剤を使用することで、体調が悪化する危険性があります。

一般的なAGA治療では、AGA頭髪治療専門クリニックに受診してから、医師が患者さんの体質に適したAGA治療薬を処方して、時間をかけて安全に治療を進めます。
それでは一体、市販の育毛剤にはどのような目的があるのでしょうか?
今回は、市販の育毛剤の効果と、使用上の注意点をご紹介いたします。育毛剤に対する正しい知識を身につけましょう!

育毛剤

育毛剤の効果とは?

市販の育毛剤は何を目的としているのでしょうか? AGA治療薬とは何が異なるのでしょうか?
育毛剤とAGA治療薬の違いをご紹介いたします。

  • AGA治療薬の目的
  • 市販の育毛剤の効果

AGA治療薬の目的

AGA頭髪治療専門クリニックで処方されるお薬は「髪の毛の発毛」を主な目的としています。完全に髪の毛が脱毛した状態から、プロペシア、ザガーロ、ミノキシジル、発毛成長因子などの治療薬を服用して、髪の毛の発毛を促します。
プロペシアやサガーロは、AGAの原因とされる悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の生成を阻害する効果があります。医薬品

そして、このプロペシアとサガーロは「医薬品」に分類されます。厚生労働省が「病気の治療に効果がある」と認められた薬を「医薬品」と呼びます。

一般的なAGA頭髪治療専門クリニックでは、患者さんの体質に適した医薬品を処方しながら、時間(最低6カ月)をかけて安全にAGA治療を行います。
AGA治療薬の目的は「AGAの根本的な治療」と考えてよいでしょう。それでは、育毛剤にはどのような効果があるのでしょうか?

市販の育毛剤の効果

育毛剤は「医薬部外品」に分類されます。医薬部外品は病気の予防や改善に効果がある成分を一定量含んだものを言います。
市販育毛剤市販の育毛剤は医薬品ではないので、AGAの治療をすることはできません。医薬部外品の育毛剤の目的は「髪の毛の育毛」となっているようですが、育毛効果がある製品は限られています。

皆さん「育毛」という言葉に惑わされてはいけません。市販の育毛剤で髪の毛の育毛をすることは困難です。
市販の育毛剤では「AGAの進行を遅らせる」ことが限界と考えてよいでしょう。

市販の育毛剤単体で髪の毛を増やすことはできません。しかし、市販の育毛剤のなかでも、比較的育毛効果に期待できる製品があることも確かです。
インターネットやドラックストアで流通している育毛剤には、どのような種類と効果があるのでしょうか?

育毛剤の種類と効果

市販の育毛剤はAGAの治療ではなく「AGAの進行を遅らせる」ことが主な効果です。育毛剤は種類が豊富で、製品によって効果が異なるようです。
市販の育毛剤の効果は、主に下記のとおりです。

  • 悪玉男性ホルモンの抑制
  • 皮脂分泌抑制
  • 毛母細胞の活性
  • 血行の促進

市販の育毛剤には上記の効果があると宣伝されていますが、実際に育毛効果を得る製品はごくわずかです。

  • 悪玉男性ホルモンタイプは危険!?
  • 皮脂は必要な成分?
  • 毛母細胞の活性は健康的な食事から!

悪玉男性ホルモン抑制タイプは危険!?

悪玉ホルモン海外の育毛剤で比較的多いタイプが、悪玉男性ホルモン抑制タイプです。この種類の育毛剤には「フィナステリド」という成分が含まれています。

フィナステリドは悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の生成を阻害する効果があります。フィナステリドは、AGA治療薬「プロペシア」にも含まれています。

しかし、フィナステリドの含有量や、他の成分が日本人の体質に適さない場合が多く、フィナステリドを含んだ育毛剤の個人輸入はおすすめできません。

皮脂は必要な成分?

育毛剤のなかには、頭皮の皮脂の分泌を抑制する効果がある製品があります。ここで注意しなければいけないことは「頭皮環境の自己判断は不可能」だということです。
AGAの危険要素は皮脂の過剰分泌であって、皮脂が程度に分泌されることは問題ではありません。
頭皮環境はAGA頭髪治療専門クリニックで調べてもらいましょう!

毛母細胞の活性は健康的な食事から!

食事

AGAの改善には毛母細胞を活性化する必要があります。しかし、育毛剤の種類の1つに毛母細胞を活性する効果があると広告された製品がありますが、育毛剤で毛母細胞を活性化することはできません。
育毛剤の中にはビタミンやミネラルが含まれているものがあり、それらの成分が毛母細胞を活性化すると広告されているものもあるそうです。

ビタミンやミネラルは健康的な髪の毛の成長に必要な成分ではありますが、栄養素自体が毛母細胞を活性化する効果はありません。
バランスの良い健康的な食事をすることで、髪の毛に必要な栄養素の補給は十分可能です。効果のない育毛剤から無理に栄養素を摂取することはおすすめしません。

ミノキシジルを含んだ育毛剤は効果あり?

育毛剤の中で一番多いタイプが、血行促進効果がある「ミノキシジル」を含んだ製品です。数ある育毛剤の中でも比較的、育毛効果があるとされています。
しかし、ミノキシジルを含んだ育毛剤には2つ問題があります。それは「ミノキシジルの含有量」と「使用方法」です。
AGA頭髪治療専門クリニックでは患者さんの体質に適したミノキシジルを処方して治療するので安心ですが、市販の育毛剤はメーカーによってミノキシジルの含有量が異なります。
育毛剤のミノキシジルの含有量の目安はあるのでしょうか?

育毛剤のミノキシジル含有量と育毛の関係性は?

育毛剤の中でも比較的育毛効果がある製品は、ミノキシジルを含んだものです。ところがミノキシジルの含有量と使用方法で、育毛効果に差が生じるようです。
そこで、ミノキシジルの含んだ育毛剤の特徴を紹介します。

  • ミノキシジル含有量は5%が目安
  • ポリプロピレン酸グリコールが頭皮環境悪化の原因!?
  • ミノキシジルと日本人は相性が悪い?

ミノキシジル含有量は5%が目安

国内で販売されている育毛効果に実績がある育毛剤のミノキシジル含有量は5%です。厚生労働省は育毛剤のミノキシジル含有量の上限を「5%」と規定しています。
ミノキシジルの含有量を増やせば血行促進効果は高まりますが、頭皮環境が悪化する危険性があります。
なぜミノキシジルの含有量で頭皮環境が悪化する危険性があるのでしょうか?

ポリプロピレン酸グリコールが頭皮環境悪化の原因!?

ミノキシジルは水に溶けないという性質があります。育毛剤の製造過程で水に溶けないミノキシジルを溶かすために「ポリプロピレン酸グリコール」という化学物質を使用します。
このポリプロピレン酸グリコールが頭皮にかぶれなどの炎症を引き起こす要因となっています。

頭皮ミノキシジルの含有量を増やすためには、頭皮に悪影響を及ぼすポリプロピレン酸グリコールの量も増やさなければいけません。

安全に育毛剤を使用するためには、ミノキシジルの含有量は5%が限度のようです。海外ではミノキシジルの含有量が高い育毛剤が販売されているようです。日本人とミノキシジルの相性などがあるのでしょうか?

ミノキシジルと日本人は相性が悪い?

ミノキシジルを含んだ育毛剤は国内に限らず海外でも使用されています。日本と海外の育毛剤とではミノキシジルの割合が異なります。
海外の育毛剤ではミノキシジルの含有量が20%の製品もあるようですが、東洋人は欧米人よりも、ポリプロピレン酸グリコールの影響を受けやすいと言われています。
育毛剤を使用する際はミノキシジルの含有量に注意する必要がありそうですね。

ミノキシジル育毛剤の正しい使用方法

ミノキシジルを含んだ育毛剤は比較的育毛効果があります。しかし、効果のある製品でも使用方法が間違っていたら、期待する育毛効果を得ることは難しいですよね?
そこで、頭皮に塗布するタイプのミノキシジルを含んだ育毛剤の正しい使用方法を紹介します。

AGA頭髪治療専門クリニックを受診しましょう!

AGA頭髪治療専門クリニックの医師に相談してから育毛剤を使用するようにしましょう。
頭皮環境をAGA頭髪治療専門クリニックで調べてもらってから、医師の診察のもと、自身の体質に適した育毛剤を使用するようにしましょう。

診察

育毛剤は1日2回が目安?

ミノキシジルを含んだ、頭皮に塗布するタイプの育毛剤は1mgを「1日2回」使用することが目安となっています。
毎日、朝と晩に頭皮に塗布することで、育毛効果を得る可能性が高まります。継続して使用することが重要ですね。
育毛剤を使用する量は製品によって異なるので、メーカーの推奨する用法容量を守るように心がけましょう。

頭皮マッサージが効果的!?

育毛剤を使用する際は頭皮マッサージをすることで、効果的に育毛効果を得る可能性が高まります。
指の腹を使って、頭皮に育毛剤が染み込むイメージで頭皮マッサージを行うことで、より育毛効果に期待が持てますね。

育毛剤の副作用にご注意ください!

市販の育毛剤でも副作用が現れる可能性があります。特に海外の育毛剤は日本人向けの成分ではないので、ミノキシジルの副作用が強く現れる場合が多いようです。
ミノキシジルの副作用を紹介します。

  • 低血圧
  • 不整脈
  • 多毛症
  • 性欲減退

市販のミノキシジル含まれている育毛剤でも、体調を崩す方もいます。ミノキシジルの濃度が高いからといって、海外の育毛剤に安易に手を出すことは危険です。

育毛剤を使用して副作用が現れた場合は、かかりつけの病院か、AGA頭髪治療専門クリニックに受診するようにしましょう。

AGA(男性型脱毛症)の原因は人によって異なります。育毛剤を使用しても育毛効果を実感できない方も多いのではないのでしょうか?
完全に髪の毛が脱毛してしまっている状態で育毛剤を使用しても意味がありません。AGAは進行型の脱毛症なので、体質に合わない育毛剤を使用し続けることで、薄毛が悪化する可能性もあります。

薄毛の「治療」を行うにはAGA頭髪治療専門クリニックに受診することをおすすめします。

育毛剤が効かない時はAGA頭髪治療専門クリニックに相談

最初に説明した通り、育毛剤で薄毛の治療を行うことはできません。市販の育毛剤で、髪の毛を育毛することは非常に困難です。
薄毛を改善したい方はAGA頭髪治療専門クリニックで治療することが一番の近道です。AGA頭髪治療専門クリニックではどのようなAGA治療を行っているのでしょうか?
AGA頭髪治療専門クリニックで行っている薄毛治療の一部をご紹介いたします。

  • 無料カウンセリングで薄毛のお悩みを相談できる!?
  • 育毛剤で悪化した薄毛の処置も行っています
  • 育毛剤ではなくオーダーメイド処方でAGA治療を!

無料カウンセリングで薄毛のお悩みを相談できる!?

AGA頭髪治療専門クリニックでは無料のカウンセリングを行っています。
多くの患者さんは、薄毛の悩みを1人で抱えています。そこでAGA頭髪治療専門クリニックのカウンセラーが、親身になって薄毛の悩みを聞いてくれます。
薄毛の悩みを話すことで、薄毛改善への糸口が見つかるでしょう。

育毛剤で悪化した薄毛の処置も行っています

AGA頭髪治療専門クリニックでは育毛剤で悪化した薄毛の処置も行っています。市販の育毛剤で薄毛や体調が悪化した際は、使用した育毛剤を医師に提示することで、早期治療が可能になるのです。
市販の育毛剤で薄毛が悪化した方はAGA頭髪治療専門クリニックに相談することをおすすめします。

育毛剤ではなくオーダーメイド処方でAGA治療を!

一般的なAGA頭髪治療専門クリニックでは「プロペシア」や「ミノキシジル」などAGA治療薬を使用して、定期検診などを行いながら、慎重にAGA治療を進めます。
今人気のAGA治療に「オーダーメイド処方」があります。AGA頭髪治療専門クリニックの医師が、患者さんの薄毛の症状や体質に合わせたオーダーメイドのお薬を処方します。
AGA治療で発毛効果に期待が持てる、今人気の治療法です。

カウンセリング

育毛剤だけではAGAは改善できません!

市販の育毛剤は製品によって成分が異なり、育毛効果が確認されている製品はごくわずかです。すでにAGAの症状が現れている方は、AGA頭髪治療専門クリニックの医師による専門的な治療を受けてみてください。
効果のない市販の育毛剤に頼らず、AGA頭髪治療専門クリニックで安全で確実なAGA治療を行うようにしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。