AGA治療にジェネリック医薬品は効果があるの? その費用とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近「ジェネリック医薬品」を処方する医療機関が増えてきていますね。患者さん自身も、安価なジェネリック医薬品での治療を希望する方が多いようです。
ジェネリック医薬品を使用した医療の普及も進んでいます。
一方で、ジェネリック医薬品の存在を知らずに、これまでと同じ医療費を払い続けている患者さんがいるのも事実です。
日本は欧米に諸国に比べ、ジェネリック医薬品での治療が一般的に定着していないのが現状です。その背景には日本の医療保険制度にあります。

ジェネリック医薬品AGA頭髪治療専門クリニックでは、すでにジェネリック医薬品を使用した治療が主流になりつつあります。

AGA治療には最低6カ月かかると言われています。その間、毎日AGA治療薬を服用することになるので、AGA治療薬の費用は少しでも抑えられれば嬉しいですよね。
ただし、AGA頭髪治療専門クリニックで安全にAGA治療を行うためには、患者さん自身もジェネリック医薬品の仕組みを理解する必要があります。
そこで今回は、ジェネリック医薬品の制度と、ジェネリック医薬品を使用したAGA治療の費用対効果についてご紹介いたします。

ジェネリック医薬品の制度と効果

欧米諸国では既に一般的な病気の治療にジェネリック医薬品を使用しています。日本でもようやく、ジェネリック医薬品を使用した医療が進んできました。
しかし、いまだにジェネリック医薬品を使用していない医療機関や患者さんが多いのも事実です。
そもそもジェネリック医薬品とはどのようなお薬なのでしょうか?

ジェネリック医薬品はなぜ安価なの?

医薬品はドラックストアで購入できる「一般医薬品」と医療機関で処方される「医療用医薬品」の2種類があります。
さらに、医療用医薬品は「新薬(先発医薬品)」と「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」の2つに分類されます。
新薬の開発には膨大な時間とお金がかかります。1つのお薬を新しく開発するために、数百億円もかかる場合もあります。

医薬品開発

ジェネリック医薬品は、特許期間(平均20年~25年)が切れた新薬を、別の医薬品メーカーが同じ成分で開発したものです。
ジェネリック医薬品が安価なのは、主に次のような理由があります。

  • 特許期間が切れた新薬の有効成分を使用できるため
  • 薬の開発費用を抑えることできるため

新薬でお薬の安全性は確かめられているので、短期間でジェネリック医薬品を開発することができ、開発費用を抑えることが可能です。
安価で治療効果もあるジェネリック医薬品ですが、服用する際の安全性は大丈夫なのでしょうか?

ジェネリック医薬品は安心して服用できます!

先発医薬品で安全性が確かめられているとはいえ、ジェネリック医薬品を販売するためには様々な試験を行う必要があります。
厚生労働省では、ジェネリック医薬品を認可するために下記の試験データの提出を義務付けています。

  • 規格及び試験方法
  • 安定性試験
  • 生物学的同等性試験

厚生労働省に提出されたデータを「独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)」が先発医薬品と同内容の品質と安全性、有効性があるのか、厳正に審査します。
患者さんが安全にお薬を服用するために必要な試験です。
以上の手順を踏んで、安価で治療効果のある安全なジェネリック医薬品が開発されています。しかし、日本は欧米諸国に比べて、ジェネリック医薬品を使用した医療が遅れています。
なぜ日本では、費用対効果の高いジェネリック医薬品を使用した医療が浸透していないのでしょうか?

日本の医療保険制度が原因!?

日本でジェネリック医薬品の使用割合が増えない原因の1つに、国民健康保険制度が関わっていると考えられています。
医療先進国のアメリカでは、医療保険に入るかどうかは、個人の判断に委ねられています。アメリカでは医療費が高いので、安価で治療効果のあるジェネリック医薬品で治療することが常識となり、その使用割合は90%を超えているというデータもあるようです。

健康保険証対して、日本では基本的に国民全員が国民健康保険に加入し、医療費の7割を国が負担してくれます。
国民健康保険が医療費の一部を負担してくれるので、薬の費用を抑えようと考える患者さんや医療機関が少ないようです。結果として、医療費は膨らみ続け、日本の医療保険財政を傾けるほどに……。

そこで、国も比較的安価なジェネリック医薬品を使用した医療を推奨しているのですが、ジェネリック医薬品を使用した治療が進んでいないのが現状です。
平成27年9月の厚生労働省の薬価調査の集計値によると、日本のジェネリック使用割合は、56.2%にとどまっています。

AGA頭髪治療専門クリニックでの薄毛治療は、お薬を使用した「投薬治療」が主流ですが、基本「自由診療」なので、多くの場合、国民健康保険が適用されていません。
そのため、毎日服用するAGA治療薬の費用を、少しでも抑えることができたら、患者さんにとっては嬉しいでしょう。では、ジェネリック医薬品でAGA治療を行うことはできるのでしょうか?

ジェネリック医薬品を使用してAGA治療ができる!?

AGA頭髪治療専門クリニックでの治療は国民健康保険適用されない自由診療なので、治療費が気になり、本格的なAGA治療に踏み切れない方も多いのではないでしょうか?
しかし、AGA治療薬の中にもジェネリック医薬品はあります。
そこで、AGA頭髪治療専門クリニックで処方されている先発医薬品と、ジェネリック医薬品の効果を比較してみましょう!

ジェネリック医薬品「フィナステリド錠」とは?

AGA治療薬で実績のあるお薬に「プロペシア」が挙げられます。プロペシアはアメリカに本社がある大手製薬会社「メルク社(MSD)」が開発したAGA治療薬です。

厚生労働省

1997年アメリカで、「食品医薬品局(FDA)」(日本の厚生労働省にあたる「保険福祉省」の配下機関)から、AGA治療薬としてプロペシアの認可が下りました。

日本では2005年に厚生労働省からAGA治療薬として承認され、プロペシアを使用したAGA治療が広まっていきました。
そして2015年に、ファイザー製薬から「フィナステリド錠」という名称で、国内初のプロペシアのジェネリック医薬品が登場します。

フィナステリドは、プロペシアに含まれているAGA治療に効果がある「成分の名称」です。プロペシアのジェネリック医薬品は、成分名がそのまま製品名となって販売されています。
そこで、プロペシアのジェネリック医薬品を製造している医薬品メーカーと製品名を紹介します。

  • ファイザー株式会社(フィナステリド錠0.2mg/1mgファイザー)
  • 沢井製薬株式会社(フィナステリド錠0.2mg/1mgサワイ)
  • 東和製品株式会社(フィナステリド錠0.2mg/1mgトーワ)
  • クラシエ薬品株式会社(フィナステリド錠0.2mg/1mgクラシエ)
  • シオノケミカル株式会社(フィナステリド錠0.2mg/1mg SN)

ファナステリド錠には0.2mgと1mgの2種類があります。0.2mgと1mg、どちらのフィナステリド錠がAGA治療に効果があるのでしょうか?

ジェネリック医薬品「フィナステリド錠」の効果

フィナステリド錠はプロペシアのジェネリック医薬品なので、基本的にプロペシアと同じ効果が期待できます。

AGA改善AGAの主な原因が悪玉ホルモン「ジヒドロテストステロン」の増加です。男性ホルモン「テストステロン」と「5α-リラグダーゼ」(5α-還元酵素)という酵素が結びつくことで、ジヒドロテストステロンへと変換します。

フィナステリドは5α-リラグダーゼに働きかけて、ジヒドロテストステロンの増加を阻害する効果があります。
ジェネリック医薬品「フィナステリド錠0.2mg/1mg」もプロペシアと同様に、ジヒドロテストステロンの生成を阻害する効能があります。

ジェネリック医薬品のフィナステリド錠には0.2mgと1mgがありますが、国内の臨床結果ではAGA改善効果はほとんど変わらないようです。
若干1mgのほうが薄毛改善の効果があったようです。しかし、1mgのほうは、副作用も0.2mgよりも強く現れる場合があるようです。

プロペシアのジェネリック医薬品「フィナステリド錠」には次のような効果があります。

  • ジヒドロテストステロンの増加を阻害する効果がある
  • 1mgと0.2mgではAGA改善効果に差はない
  • フィナステリド錠1mgは0.2mgに比べて副作用が現れる可能性が高い

プロペシアのジェネリック医薬品「フィナステリド錠0.2mg/1mg」には、ジヒドロテストステロンの増加を抑制する効果があり、0.2mgと1mgとではAGA改善効果にほとんど差はありません。
ジェネリック医薬品のフフィナステリド錠で治療をする場合は、0.2mgから服用して、薄毛改善の兆候が現れなければ、徐々にフィナステリドの量を増やして、安全にAGA治療を行うことが重要でしょう

そこで皆さん気になるのは、ジェネリック医薬品「フィナステリド錠0.2mg/1mg」の価格ですよね。ジェネリック医薬品を使用することで、どれくらいAGA治療費用が変わるのでしょうか?

ジェネリック医薬品「フィナステリド錠」の費用対効果

AGA治療ではプロペシアが一般的でしたが、ジェネリック医薬品「フィナステリド錠」の登場で、AGA頭髪治療専門クリニックでの治療のハードルが下がりました。
ジェネリック医薬品を使用したAGA治療費用はどれくらいなのでしょうか? 先発医薬品のプロペシアと比較してご紹介いたします。

ジェネリック医薬品「フィナステリド錠」の価格

ジェネリック医薬品のフィナステリド錠は、医薬品メーカーによって価格が異なります。
AGA頭髪治療専門クリニックで処方される、主な医薬品メーカーのフィナステリド錠の1錠あたりの価格を紹介します。

  • ファイザー製薬(210円~270円)
  • 沢井製薬(180円~200円)

プロペシアの1カ月の薬代(28錠)は7,500円~8,000円が相場でしたが、ジェネリック医薬品のファナステリド錠で治療することで、1カ月の薬代(28錠)を6,000円まで抑えることが可能になりました。
しかし、AGA治療薬の効果は個人差があり、AGAが改善するまでには、最低6カ月かかると言われています。
ジェネリック医薬品で、AGAを改善するまでには、大体どれくらいの治療費用が必要になるのでしょうか?

ジェネリックでAGAが改善するまでの費用は?

AGA頭髪治療専門クリニックでAGAを治療する場合、治療薬代以外に、診察料がかかります。そこで、ジェネリック医薬品でAGA治療を行う場合の治療費用の相場を紹介します。

1カ月あたりの平均治療費用

5,000円(検査費) + 10,000円(薬代) = 15,000円前後

ジェネリックを使用した場合の平均治療費用

10,000円(1カ月の治療費用相場) × 6カ月 = 6,0000円前後

頭皮検査AGA治療はすぐに期待する結果を得られない場合もあり、時間をかけて、最低6カ月間は継続して治療を行うことがほとんどです。

また、ジェネリック医薬品「フィナステリド錠」でAGA改善の兆しがない場合は、ミノキシジルや、よりAGA治療効果が期待できる「オーダーメイド処方」に切り替える場合もあります。

ジェネリック医薬品でも、先発医薬品と同様の副作用が現れる可能性があります。AGA治療は時間をかけて、定期的に医師に頭皮の状態を検査してもらいながら、安全に進める必要がありますね。

ジェネリック医薬品の個人輸入には注意!

最近ではインターネットを通じて、ジェネリックのフィナステリドとミノキシジルを個人で輸入し、服用する患者さんが増えています。

一番の理由は、国内で購入するよりも安価だから。

体調不良しかしご注意ください。特にミノキシジルは、自分自身に合った容量を内服しないと、体調を壊すケースがあります。高濃度のミノキシジルを使用すると血圧が下がり、脈拍が高くなるのです。

医薬品は、患者さんの状態に合わせて服用していかなければ、副作用など弊害が生じてしまいます。安価なジェネリック医薬品だからといって、安易に個人輸入のものを使うのではなく、必ず専門医にご相談ください。

ジェネリック医薬品でAGA治療を行いましょう!

ジェネリック

ジェネリック医薬品は先発医薬品と同等の品質と安全性があるお薬です。AGAもジェネリック医薬品「フィナステリド錠」で治療することが可能です。
昔のAGA治療は高額な治療費を必要としていましたが、ジェネリック医薬品の登場で、気軽にAGA頭髪治療専門クリニックでAGA治療を行うことが可能になりました。

AGA頭髪治療専門クリニックでは無料相談を行っています。AGA頭髪治療専門クリニックの専門のカウンセラーが薄毛の悩みや、AGA治療にかかる費用などを無料で相談できます。
良心的なAGA頭髪治療専門クリニックでは、ジェネリック医薬品を使用したAGA治療プランが充実しています。
AGA治療をご検討中の方は、ジェネリック医薬品を使用した治療実績の厚いAGA頭髪治療専門クリニックに相談することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。