AGAの原因

もしかして合併症?円形脱毛症の症状と原因とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現在の日本は「ストレス社会」と言われています。
ストレスは大人だけの問題だけではありません。学校でいじめをうけ、精神的に傷ついている子供たちが、たくさんいます。
大人も子供も職場や学校でストレスを抱え込み、うつ病などの精神疾患に陥る方が年々増加中です。

近年、AGA(男性型脱毛症)以外の脱毛症の治療でAGA頭髪治療専門クリニックに相談する患者さんが増えています。
ストレスが原因と考えられる脱毛症の1つに「円形脱毛症」が挙げられます。この円形脱毛症は合併症が多い脱毛症です。
AGA頭髪治療専門クリニックで円形脱毛症の治療をする際に、薄毛以外の合併症が確認される場合があります。

円形脱毛症と合併症にはどのような因果関係があるのでしょうか? 円形脱毛症と一緒に合併症も治療できれば理想的ですよね。
しかし、円形脱毛症の原因や合併症の症状も人によって異なり、AGA頭髪治療専門クリニックによって治療方針も様々です。

上記の背景から、2010年に「公益社団法人日本皮膚科学会」から「日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン2010」が発表されました。
円形脱毛症のガイドライン「日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン2010」では、どのような円形脱毛症治療を推奨しているのでしょうか?

そこで今回は、円形脱毛症と合併症の因果関係と、ガイドラインで推奨されている円形脱毛症の治療法についてご紹介いたします。

円形脱毛症の発症要因

円形脱毛症は一般的には「ストレス」が原因と認知されていましたが、円形脱毛症が発症する原因は人によって異なるようです。

性別や人種による円形脱毛症の発症割合は?

「日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン2010」によると、円形脱毛症は、人種性別問わず、全年齢に出現する可能性があるとのこと。
また、大規模疫学調査(中国)では、発症者のうち8.4%に家族内発症があったようです。円形脱毛症の発症割合には、次のような特徴があります。

  • 人種性別問わず全年齢に発症する可能性がある
  • 家族内発症の可能性がある

つまり、円形脱毛症は誰でも発症する可能性がある脱毛症なのです。また、円形脱毛症は、様々な疾患の合併症として現れるケースが多いようです。
円形脱毛症の原因となる基礎疾患は、どのような種類があるのでしょうか?

合併症による脱毛症の種類

薄毛の症状の多くは、基礎疾患(持病9の合併症として現れます。まずは、薄毛の原因となる主な基礎疾患を紹介します。

  • 薬剤性の脱毛症
  • 内分泌異常(自己免疫疾患)による脱毛症
  • 抜毛症(トリコチマニア)
  • 代謝障害と栄養障害による脱毛症
  • 膠原病に伴う脱毛症
  • 感染による脱毛症

様々な基礎疾患が薄毛の原因となります。以上で挙げた基礎疾患の合併症として円形脱毛症の症状が現れる可能性があります。
そして、円形脱毛症は主に「内分泌異常」の合併症として現れる場合が多いようです。円形脱毛症と基礎疾患にはどのような因果関係があるのでしょうか?

円形脱毛症の原因となる基礎疾患

AGA(男性型脱毛症)の主な原因は、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の増加だと考えられています。
しかし、円形脱毛症が発症する仕組みは医学的に解明されていないのが現状です。そこで、円形脱毛症の原因として考えられている基礎疾を紹介します。

  • 自己免疫疾患
  • ウィルス感染
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 遺伝的要素

円形脱毛症は主に以上で挙げた要因が引き金となって、発症すると考えられています。これまで一般的に広まっていた「円形脱毛症の原因はストレス」という考え方は間違っているのでしょうか?

ストレスが原因で自己免疫疾患になる!?

円形脱毛症の原因は「ストレス」だと認識している方が多いのではないでしょうか。ところが近年、円形脱毛症の主な原因は「自己免疫疾患」という考え方が一般的になってきています。
外敵を守ってくれるはずの免疫細胞「Tリンパ球」が毛根にダメージを与え、頭皮の一部の髪の毛が脱毛してしまいます。
これによって、自己免疫機能の障害が、円形脱毛症の主な要因の1つになっているようです。この自己免疫疾患の原因の1つにストレスが関わっていると考えられているのです。

円形脱毛症は、基礎疾患を抱えている患者さんが多いです。円形脱毛症の合併症にはどのような症状があるのでしょうか?

円形脱毛症の合併症

「日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン2010」に記載されている円形脱毛症の合併症を紹介します。

  • 甲状腺疾患(8%)
  • 尋常性白斑(4%)
  • SLE
  • 関節リウマチ
  • アトピー性疾患

出展:公益社団法人日本皮膚科学会

甲状腺疾患

甲状腺は新陳代謝を促し、脳の活動を活発にする働きがあります。甲状腺疾患になると、体が疲れやすくなるといった症状が現れます。
日本皮膚科学会の診療ガイドラインでは、円形脱毛症の合併症として甲状腺疾患が現れる割合は全体の8%程度、と記載されています。

尋常性白斑

「尋常性白斑」という症状は、あまり聞き慣れないものですが、斑点状に皮膚が白くなる病気です。メラニン色素を生み出す「メラノサイト」という色素細胞が減少することで、白斑が現れます。
この尋常性白斑の仕組みも、医学的に解明されていません。日本皮膚科学会のガイドラインでは、円形脱毛症の合併症として尋常性白斑が現れる割合は全体の4%程度、と記述されています。

SLE(全身性エリテマトーデス)

SLE(全身性エリテマトーデス)とは、英語で「systemic lupus erythematosus」、頭文字をとって「SLE」と呼ばれることが多い疾患です。
全身性エリテマトーデスは全身に倦怠感や発熱、炎症などの症状が現れますが、症状の原因が医学的に解明できていない難病の1つ。
円形脱毛症の合併症として現れる場合もあるようです。

関節リウマチ

関節リウマチは30代~50代の女性に比較的多く発症する病気です。関節の軟骨と骨に炎症が起き、手足の関節に強い痛みを与えます。
関節リウマチの原因は免疫機能の障害だと考えられています。サイトカインという物質が体内で過剰分泌され、間接に炎症をおこします。

アトピー性疾患

円形脱毛症の合併症の割合で一番多いのがアトピー性皮膚炎です。円形脱毛症の患者さんの40%以上が合併症としてアトピー性疾患を発症しているというデータもあるようです。

円形脱毛症で悩んでいる方は、合併症のなかでもアトピー性疾患で日々苦しい症状と向き合っています。
アトピー性疾患と円形脱毛症には、どのような因果関係があるのでしょうか?

アトピー素因が円形脱毛症の合併症の原因?

円形脱毛症を発症しやすい方は「アトピー素因」を持っていると言われます。アトピー素因と円形脱毛症の関係性をご紹介しましょう。

アトピー素因とは?

日本皮膚科学会のガイドライン「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版」では、アトピー素因を次のように定義しています。

「①家族歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の疾患)②IgE抗体を産生しやすい素因をさす。」

出展:公益社団法人日本皮膚科学会

アトピー素因とは、一言でいえば「本人または家族がアレルギー体質」と理解してよいでしょう。
アトピー素因と円形脱毛症の医学的な因果関係は解明されてはいません。円形脱毛症は様々な要因で発症するものであり、円形脱毛症の合併症の割合で一番多いのがアトピー性疾患、ということがわかっているのみです。

突然発症する円形脱毛症を予防することはできるでしょうか?

今からできる円形脱毛症の予防法!

円形脱毛症は様々な要因で発症する可能性がある脱毛症です。日常生活で円形脱毛症を予防する方法はあるのでしょうか?

ストレスの原因を解消する

円形脱毛症は様々な要因がきっかけで発症します。円形脱毛症の原因の根底に「ストレス」があります。
円形脱毛症を予防するためには、ストレスを解消するのではなく「ストレスの原因を解消する」ことが重要です。
円形脱毛症は再発する可能性が高い脱毛症の1つ。ストレスの原因を断ち切ることで、円形脱毛症の予防に期待が持てます。

毎日楽しく運動して血行促進!

適度な運動はストレスの解消に効果的です。ウォーキングなどの有酸素運動は血行促進効果があるので、頭皮に十分な栄養素を届けることができます。
しかし、運動をすることでストレスを感じるようでは円形脱毛症の予防に期待はできません。毎日楽しく継続して運動することが重要です。
長時間のウォーキングを苦痛に感じるのであれば、自分の好きなスポーツを日常生活に取り入れてもよいでしょう。

刺激が少ないシャンプーを使用してみましょう

円形脱毛症はアレルギー体質の方が多いようです。アレルギー体質方は、市販の安価なシャンプーを使用することで体調を崩す可能性があります。
アレルギー物質が含まれていない、天然由来成分を使用した、刺激の少ないシャンプーを使用することをおすすめします。

ただし、健康的な生活を送っていても、突然円形脱毛症が発症することは珍しくありません。円形脱毛症に効果的な治療法は存在するのでしょうか?

円形脱毛症の治療法

円形脱毛症の主な原因と考えられているのが、「自己免疫疾患」です。そして、円形脱毛症の特徴として、アトピー性皮膚炎などの合併症が現れます。
円形脱毛症はいまだ医学的に脱毛の仕組みが解明されていない病気の1つ。AGA頭髪治療専門クリニックでも、治療に時間がかかる場合が多いようです。
そこで、AGA頭髪治療専門クリニックで行われている円形脱毛症の主な治療法をご紹介いたします。

日本皮膚科学会診療ガイドラインとは?

「公益社団法人日本皮膚科学会」では、医師が患者さんに行う治療の推奨度を5段階に設定しています。
以下に日本皮膚科学会治療ガイドラインの推奨度を紹介します。

  • A(行うよう強く勧められている)
  • B(行うよう勧められる)
  • C1(行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない)
  • C2(根拠がないので勧められない)
  • D(行わないよう勧められる)

日本皮膚科学会診療ガイドラインは治療の推奨度を示したもので、あくまでも目安であり、Aの「行うよう強く勧められる」治療を行わなければいけない、といった規則はありません。
AGA頭髪治療専門クリニックでは、医師の裁量のもと、患者さんの症状に適した安全な治療が行われます。
「日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン2010」では、どのような治療が推奨されているのでしょうか?

推奨度Bの円形脱毛症治療法

「日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン2010」では推奨度Bの治療法を2つ記載しています。以下に推奨度Bの治療法を紹介します。

  • ステロイド局注
  • 局所免疫療法

推奨度Bの治療法には「ステロイド局注」と「局所免疫療法」があります。日本皮膚科学会の診療ガイドラインで「行うように勧められる」治療法です。

ステロイド局注

ステロイドは炎症や免疫機能を抑える効果があります。ステロイド局注は、患部に直接ステロイド注入する治療法です。
円形脱毛症の治療法で効果の高い治療法の1つです。

局所免疫療法

局所免疫療法は、円形脱毛症の患部にかぶれを起こし、毛根に攻撃を加えるリンパ球の作用を抑制して、発毛効果を促進する治療法です。
スクアレン酸ジブチルエステル(SADBA)とジフェニルシクロプロぺノン(DPCP)を患部に塗り、かぶれを起こします。
次に、かぶれが起きた箇所に薄めた試薬を塗布して、免疫効果の抑制をします。免疫効果を抑制することで毛根への攻撃を抑えることができます。

推奨度C1の円形脱毛症治療法は効果がないの?

日本皮膚科学会診療ガイドラインではC1は「行うことをしてもよいが、十分な根拠がない」と記載されています。
AGA頭髪治療専門クリニックでは推奨度Bの治療よりも推奨度C1の治療法を優先する場合があります。
以下に、AGA頭髪治療専門クリニックで行われている主な推奨度C1の治療法を紹介します。

  • ステロイド外用
  • セラファチン
  • ミノキシジル外用
  • かつら

ステロイド外用

ステロイドは患部に塗る外用があります。ステロイド外用は患者さんへの負担が少なく、実績もある治療薬です。

セラファチン

セラファチンは血行促進効果と免疫抑制効果があります。円形脱毛症治療に使用される治療薬の1つです。国内の円形脱毛症治療で実績のあるお薬の1つです。

ミノキシジル外用

ミノキシジルはAGA(男性型脱毛症)の治療にも使用される血行促進効果がある治療薬です。円形脱毛症の治療でも、頭皮に塗布するミノキシジル外用が使用されています。

かつら

医療用ウィッグも円形脱毛症治療に使用されています。円形脱毛症は突然脱毛する場合が多く、治療まで時間がかかるので、一時的に医療用ウィッグを使用する場合があります。

「十分な根拠がない」推奨度C1の治療法も、AGA頭髪治療専門クリニックの医師の判断で行うことがあります。
患者さんに適した治療法が推奨度C1の場合もあるということです。

円形脱毛症と合併の症治療はAGA頭髪治療専門クリニックで

円形脱毛症はアトピー性疾患などの合併症が起きやすい脱毛症です。円形脱毛症は根本的な治療を行わなければ再発を繰り返す可能性が非常に高い脱毛症です。
円形脱毛症の治療をする際は、合併症などの知識もあるAGA頭髪治療専門クリニックで治療することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。